区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2019年(平成31年) > 3月 > 2019年(平成31年)3月13日 高校生がデザインした「ラッピングバス」お披露目会18日開催

更新日:2019年3月13日

ここから本文です。

2019年(平成31年)3月13日 高校生がデザインした区の魅力伝える「ラッピングバス」お披露目会18日開催

”えどがわの魅力をのせて、街を走る!!”

東京2020大会に向け、若者のアイデアを活かしたラッピングバスを活用して、江戸川区の魅力を広く伝えようと、江戸川区、関東第一高等学校(松島2丁目)、京成バス株式会社(市川市八幡)の三者で取り組む「えどがわの魅力発見!発信!!~地域活性 産学公連携プロジェクト~」。同校の生徒が区の魅力を描いてデザインしたラッピングバスのお披露目会が18日(月曜日)、関東第一高等学校で行われます。

地域への関心と愛着を高めてもらおうと、今年度同校の3年生9クラス353名が美術の授業を活用して制作。各グループに分かれ、区の施策・事業、その他地域情報について調査・研究を進め、アイデアを出し合いました。完成した80作品から各クラスでの選考を経て、代表作品18点を選定。今年1月に関係者を招いて行われたコンペティションで高い評価を得た上位6作品から、全校生徒による人気投票により採用作品が決定しました。

採用となった作品は、「江戸川区の夜景」をコンセプトに、濱田七星(はまだななせ)さん、相澤華絵(あいざわはなえ)さん、小村美遥(こむらみはる)さん、小坂麻菜(こさかまな)さん、佐藤風花(さとうふうか)さんの5名がデザインした「EDOGAWA NIGHT」。夏の風物詩である「江戸川区花火大会」や「旧中川灯籠流し」などをモチーフに、風情ある江戸川ならではの夜景を描きました。都会のネオンとは異なる平穏で温かみのある自然な夜の明りを取り入れており、江戸川区らしさ溢れるデザインに仕上がりました。

当日(18日)は午後1時から、関東第一高等学校でラッピングバスのお披露目会が開かれ、デザインした濱田さんら卒業生をはじめ、学校関係者、京成バス関係者、区担当課長らが参加。各代表からの挨拶後、レプリカキーや花束が贈呈されるほか、学校付近を周回する試乗会が予定されています。今回完成したラッピングバスは1台で、19日(火曜日)以降約3か月間(延長の可能性有り)、区内の京成バス各路線で毎日運行する予定です。

取材を希望される報道機関の皆様は報道係(電話:03-5662-0402)までご連絡をお願い致します。

「ラッピングバスお披露目会」概要

日時:平成31年3月18日(月曜日)午後1時から午後1時40分

場所:関東第一高等学校駐車場(松島2丁目10番11号)

主な内容:学校長、江戸川区代表、京成バス代表者、代表生徒挨拶、

テープカット、レプリカキー、花束贈呈、試乗会など

イラスト:ラッピングバス

 

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?