区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 広報えどがわ > 2018年 > 2018年11月 > 11月20日号 > 祝 ラムサール条約湿地登録 葛西海浜公園の魅力を体感しよう

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

祝 ラムサール条約湿地登録 葛西海浜公園の魅力を体感しよう

CCBY 但し、画像データは除きます。


葛西海浜公園のある場所は、かつては漁が盛んに行われる自然の恵み豊かな海でしたが、高度経済成長期における水質の悪化などによりすっかり姿を変えてしまいました。しかし、区民の皆さんをはじめ、さまざまな団体の活動により素晴らしい環境がよみがえり、今年の10月18日には、国際的に重要な湿地を保全する「ラムサール条約湿地」に都内で初めて登録されました。
ぜひ葛西海浜公園を訪れ、生きものと触れ合ったり、さまざまな活動に参加したりして、その魅力を体感してみませんか。

問い合わせ
環境推進課調査係 電話:03-5662-6745

環境学習・体験 珍しい生きものに出会えるかも!

子ども未来館などでは、干潟にすんでいる魚や底生動物を見つけて、葛西海浜公園の生態系を学べる講座を行っています。
運が良ければ絶滅危惧種の生きものにも出会えるかもしれません。


タイワンガザミを見つけたよ

これからの季節にぴったり!バードウォッチング

季節を問わずさまざまな鳥がやってくる葛西海浜公園。特にこれからの季節は越冬のためにたくさんの渡り鳥がやってくるので、野鳥観察には最適の時期です。
西なぎさで間近に観察するのもいいですが、葛西臨海公園のクリスタルビューに設置された望遠鏡で観察するのも手軽でお勧めです。

第9回 おきがる環境講座 ラムサール条約登録と湿地の保全 西なぎさでの野鳥観察会 ほか

日時

平成31年2月14日(木曜日)午前9時30分から正午

場所

鳥類園ウォッチングセンター ほか

問い合わせ

えどがわエコセンター 電話:03-5659-1651
申し込み開始時期など詳しくは、お問い合わせください。


毎年、冬になるとたくさんの渡り鳥がやってきます

バードウォッチング

なぎさのクリーンアップ 普段立ち入ることのできない場所にも入るチャンス!

ボランティアによる清掃活動のおかげで葛西海浜公園の環境は改善しましたが、今もまだ漂着ごみが後を絶ちません。そのため、現在でもさまざまな団体による清掃活動が行われています。
西なぎさではもちろん、普段は立ち入ることのできない東なぎさでも活動しています。活動後には生きもの観察会を行うこともあります。


毎回こんなにたくさんのごみが…


東なぎさでの活動


西なぎさでの活動

このほか、暖かい季節には海水浴体験や潮干狩りなどが楽しめます

ラムサール条約湿地登録 報告イベント開催!

11月24日(土曜日)午前10時から午後12時30分(荒天中止)
葛西海浜公園西なぎさ(直接会場へ)

インフォメーション

葛西臨海・海浜公園、葛西臨海水族園

  • 所在地 臨海町6丁目地先
  • 開園時間 午前9時から午後5時(注)季節により変わります
  • アクセス JR京葉線葛西臨海公園駅から徒歩11分


スズガモ


カンムリカイツブリ


クロツラヘラサギ


トビハゼ


チゴガニ

 

スズガモ

羽音が鈴の音に似ていることからスズガモと呼ばれています。
冬には2万羽以上(注)がやってきます。
(注)ラムサール条約湿地の登録要件の基準値を満たした水鳥です

カンムリカイツブリ

頬の飾り羽と頭の羽冠(うかん)が特徴の水鳥で、冬には3千羽以上(注)がやってきます。
(注)ラムサール条約湿地の登録要件の基準値を満たした水鳥です

クロツラヘラサギ

黒い顔とヘラのようなくちばしを持つことからこのように呼ばれます。東アジアにだけ生息する鳥で、絶滅危惧種になっています。

トビハゼ

準絶滅危惧種で、区内でも長い間姿を消していましたが、1999年に東なぎさで上陸した姿が確認されました。

チゴガニ

7ミリ程度の小さなカニです。オスは白いはさみを上下に動かし、メスにアピールします。

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?