区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 広報えどがわ > 2022年 > 2022年8月 > 8月1日号 > 新型コロナウイルス感染症 感染が再拡大しています

更新日:2022年8月1日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症 感染が再拡大しています

CCBY 但し、画像データは除きます

 

 

グラフ:江戸川区の陽性患者の推移(陽性確認日別)

(注)数値は7月19日時点で確認できたもの。

予防対策

基本的な感染防⽌対策の徹底を!

マスクの着用 密集回避 密接回避 密閉回避 換気 手洗い

(注)熱中症のリスクが⾼まる夏場には、近距離(2メートル以内を⽬安)で会話するような場合を除いて、屋外ではマスクを外しましょう。

早めのワクチン接種を!

  • 区内の3回目接種率は65歳以上の方が93%である一方、65歳未満の方は68%にとどまっています。
  • 感染した場合、若い方であっても重症化したり、後遺症が生じたりする場合があります。
    自分自身や周りの大切な方を守るためにも、ぜひ3回目のワクチン接種をご検討ください。

ワクチン4回目接種の対象者が拡大されます
【対象】18~59歳の医療従事者・高齢者施設等従事者

相談先

陽性診断後の流れ

1.感染の疑いがある方

受診 陽性と診断

2.医療機関

届け出

3.保健所

SMS連絡 SMSが使えない方、重症度が高い方には電話連絡

4.陽性者

自宅療養解除3つの目安
  • 発症日から10日が経過していること
    発症日:医師が届出時に発症日と判断した日(発症日を0日目として数える)
  • 解熱剤を使用せずに解熱し、かつ、呼吸器症状が軽快していること
  • 症状が軽快してから、72時間以上経過していること

 

陽性者と食事や活動を一緒にした方は、できる限り検査を受けてください

療養後の手続き・相談先

療養証明

健康観察ツールの自宅療養終了証明書

健康観察ツール(My HER-SYS)には、自宅療養終了を証明できる機能が搭載されています。
この機能により、保険金などの支払いが可能な場合があります。詳しくは各保険会社などにご確認ください。

江戸川保健所が発行する自宅療養終了証明書

自宅療養された方で、療養終了後に申請があった方へ自宅療養終了証明書を郵送しています。

【申請方法】

(注)入院期間や宿泊療養期間の照明については、それぞれの医療機関・施設にお問い合わせください。

健康観察ツール(My HER-SYS)

後遺症

新型コロナウイルス感染症の後遺症について、現時点で確立された治療法がないため、医療機関における治療は症状に応じた対症療法が基本となります。
また、受診においては所定の医療費がかかります。

後遺症をきっかけとする失業や生活困窮など、生活上の問題に関する相談をご希望の方は、「各種相談窓口リスト(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)」から、ご自身のお悩みに合った相談窓口をご利用ください。

 

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。