区民向け情報

閉じる

更新日:2022年4月1日

ここから本文です。

クローズアップ

CCBY 但し、画像データは除きます

 

 

 お知らせ児童文学館の基本設計まとまる 角野さんの思い 形に

児童文学館完成予想図。なぎさ公園の豊かな緑を保全しつつ江戸川区ならではの自然と調和した色や形を取り入れています。

子どもたち自身が心を動かして面白さを見つけ、感じて、想像力豊かな心を育めるような施設

令和5年7月になぎさ公園展望の丘に開館予定の(仮称)江戸川区角野栄子児童文学館について、設計パートナー(隈研吾建築都市設計事務所)を決定し、角野さんにご意見をいただきながら基本となる設計をまとめました。角野さんの作品の世界観をそのまま表現した施設を造ります。

設計のコンセプトは「ものがたりの世界」

建築・造園・展示が物語のように一体的につながる「ものがたりの世界」を整備することが設計のコンセプト。室内で完結する閉じた箱を作るのではなく、子どもたちが自らの意志で角野さんの世界に触れてみたくなるよう、周囲の自然に開かれた能動的な環境となることを目指しています。

特徴的な屋根「フラワールーフ」

花のように軽やかで、柔らかい陰影をつくる屋根は緑豊かな丘と響き合い、華やかなイメージを印象づけます。また、出入口部分は周囲とのつながりが感じられるように、見通しの良いガラス張りとなります。

四季折々の表情が楽しめる江戸川区の新たな名所を目指して

前庭(ものがたりの丘)は、展望の丘とゆるやかに地形がつながるように整備を行い、展望の丘からポニーランドまでが一体となる空間づくりをします。また、一年中花を楽しむことができるように季節の花を植え、江戸川区の新たな名所づくりを目指します。児童文学館について、区ホームページに詳しく掲載しています。ぜひご覧ください。


エントランス


ものがたりの丘

地図どんな施設?

(仮称)江戸川区角野栄子児童文学館は、児童文学のノーベル賞ともいわれる国際アンデルセン賞の受賞者であり、江戸川区にゆかりのある角野栄子さんの世界観や、児童文学の素晴らしさを発信する施設です。

扉を開けると広がる角野さんの世界


コリコの街

角野さんのテーマカラーのいちご色で作られた、魔女の宅急便の舞台・コリコの街。このコリコの街は、ここでしか見られない不思議な街並みです。


読書エリア

角野さんの全作品が読めるライブラリー。座ったり寝転んだりしながら、作品を楽しむことができます。


常設展示

角野さんのこれまでの歩みや創作の一端にも触れられる場。物語の生まれた場所を再現した、もうひとつのアトリエです。

角野栄子さんの世界に登場する「おうち」のような小さな単位で建築を考えました。
豊かな公園の自然を感じながら、五感で角野栄子さんの世界観に触れることができる開かれた環境を目指しました。


Photo(C)J.C. Carbonne
設計パートナー・隈研吾さん

なぎさ公園のなだらかな丘に文学館。どんな姿を表すでしょう、ドキドキ!扉を開けたら、そこは…。もちろん、もちろん楽しい世界で、驚く発見もありますよ。
一人ひとりの大切な思い出の場所になることを願っています。
 


児童文学作家・角野栄子さん

問い合わせ

児童文学館開設準備担当係 電話:03-5662-2605

 お知らせ江戸川一丁目・江戸川二丁目・東瑞江二丁目地域の住居表示実施による住所変更のお知らせ

11月2日(月曜日)から、江戸川一丁目・江戸川二丁目・東瑞江二丁目の住所が住居表示実施により変わります。
住居表示新旧対照案内図は、区民課庶務係(区役所1階8番)および東部事務所庶務係で1部210円で販売するほか、区ホームページでもご覧になれます。

問い合わせ

住居表示係 電話:03-3679-1463

地図

 ニュースえどがわ未来カンファレンス初会合開催

10月12日、区は共生社会の実現に向けた取り組みについて、区民や有識者の皆さんと自由に議論を交わす場として設置した「えどがわ未来カンファレンス」の初会合を開催しました。
この会議には学識経験者など17人の委員が出席し、さまざまなご意見をいただきました。
今後も会合を重ね、共生社会の実現に向けて議論を交わしていきます。詳しくはホームページ(えどがわ未来カンファレンス公式サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

画像:えどがわ未来カンファレンス初会合

 

問い合わせ

地域共生担当係 電話:03-5662-0091

 お知らせ暴力などの被害を受けたら、1人で悩まずにすぐ相談

11月12日~25日は「女性に対する暴力をなくす運動週間

夫・パートナーからの暴力、ストーカー、性犯罪など、女性を巡るさまざまな問題の相談を受け付けています。

相談は下記へご連絡ください

DVに関すること

女性の人権に関すること

  • 女性の人権ホットライン 電話:0570-070-810=午前8時30分~午後5時15分(土曜・日曜・祝日除く)
    (注)11月12日(木曜日)~18日(水曜日)の強化週間は、月曜日~金曜日 午前8時30分~午後7時、土曜日・日曜日 午前10時~午後5時で実施しています。

性犯罪に関すること

女性に対する暴力をなくす運動11月12日~25日ひとりで悩まずまずは相談!「女性に対する暴力」に関心を持っていただくための、ポスターデザイン

DV・性犯罪防止「パープルリボン展」を行います

日時:2020年11月2日(月曜日)から30日(月曜日)午前8時30分から午後9時30分(2日(月曜日)は午後1時から、30日(月曜日)は午後1時まで)

問い合わせ

人権啓発係 電話:03-6638-8089

 お知らせ11月は児童虐待防止推進月間 体罰などによらない子育てを

問い合わせ

区児童相談所はあとポート 電話:03-5678-1810

 お知らせ車道は左側通行 守りましょう!自転車の交通ルール

私たちの身近にあり、免許がなくても乗ることができる自転車。今、区内では自転車の事故件数が急増しています。いま一度交通ルールを確認し、歩行者などに配慮した優しい運転を心掛けていきましょう。

画像:自転車の右側通行は禁止されています

グラフ:区内の自転車が関与した事故件数 2倍に急増

自転車に乗るときは「自転車安全利用五則」の徹底を

問い合わせ

交通安全推進係 電話:03-5662-1998

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?