区民向け情報

閉じる

更新日:2020年9月30日

ここから本文です。

9月30日 臨時号

CCBY 但し、画像データは除きます

 

 

新型コロナウイルス感染症 区内での感染者が急増しています「感染しない・させない」行動を徹底してください

グラフ:江戸川区の陽性患者数の推移 緊急事態宣言期間と比べ 4.4倍

江戸川区内の最近の傾向

  • 職場や家庭での感染が4割を占めています
  • 20代だけでなく、30~50代の感染者の割合も高くなっています
  • 同じ場所で5人以上が感染するクラスターが発生しています

感染経路の状況

職場内感染21%/家庭内感染20%/その他3%/不明56%

陽性患者の年代別割合

19歳以下 7.2%/20代 26.5%/30代 17.7%/40代 16.1%/50代 16.3%/60代 6.5%/70代 6.1%/80代以上 3.6%

(注)9月19日時点。

円グラフ:感染経路の状況  陽性患者の年代別割合 9月19日時点

新型コロナウイルス感染症 症状が疑われる方

  • 江戸川区帰国者・接触者電話相談センター 電話:03-5661-1124 午前9時~午後5時(土曜・日曜・祝日を除く)
  • 東京都新型コロナ受診相談窓口 電話:03-5320-4592 平日⇒午後5時~翌朝9時 土曜・日曜・祝日⇒終日

新型コロナウイルス感染症 症状はないが不安のある方

  • 江戸川区新型コロナウイルス感染症相談センター 電話:03-5661-2475
  • 各健康サポートセンター 午前9時~午後5時(土曜・日曜・祝日を除く)
  • 厚生労働省コールセンター 電話:0120-565653 午前9時〜午後9時(土曜・日曜・祝日含む)

新型コロナウイルス「感染しない・させない」

気を付けよう、「距離」と「時間」 感染予防対策は忘れずに

飛沫(ひまつ)感染 マスク・ソーシャルディスタンスで防ぐ

感染者の飛沫(くしゃみ・咳(せき)・唾など)と一緒にウイルスが放出され、近くにいる方が口や鼻から吸い込んで感染すること。
5分間の会話で、1回の咳と同等の飛沫(約3000個)が飛ぶといわれています。

接触感染 小まめな手洗い・消毒で防ぐ

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れ、他の方がそれに触れた手で口や鼻を触ることで感染すること。
ウイルスは、プラスチックの表面では最長72時間、ボール紙では最長24時間生存するといわれています。

マーク:注意喚起 濃厚接触とは

(1) 距離の近さ (2) 時間の長さ がポイント
感染予防策をせず、対面でお互いに手が届くような1メートル程度以内の距離で、15分以上接触した場合に濃厚接触と考えられます。
ただし、マスクの有無、会話・歌唱などの発声を伴う行動の有無、対面時間などの要素により感染の可能性は大きく異なり、個別に判断されます。

差別や偏見は絶対にやめましょう

誰もがかかる可能性があります

感染しないよう気を付けていても、新型コロナウイルスに感染するリスクをゼロにすることはできません。誰もが感染する可能性があり、不安を感じています。
万が一感染した方が近くにいたとしても、そのことを責めるのではなく、改めて感染防止に努め、皆さんで感染が拡大しないよう注意していきましょう。

マスクをすることが難しい方がいます

さまざまな理由でマスクをすることが難しい方がいます。
外見から判断することは難しいですが、そのような方がいることを理解し、このような時だからこそ人を思いやる優しさを持ちましょう。

区内の新型コロナウイルスの情報を発信中

新型コロナウイルス接触確認アプリ COCOA(ココア)

新型コロナウイルス感染状況のお知らせ タワーホール船堀ライトアップ

感染者数の状況に応じてライトアップの色を変え、注意を呼び掛けています。時間:午後7時~10時

赤⇒前日より増加 黄色⇒前日と同様 青⇒前日より減少