区民向け情報

閉じる

更新日:2019年2月20日

ここから本文です。

健康大好き

CCBY 但し、画像データは除きます

 

 

 

区内在住のぜん息の小学生を対象に、ぜん息児の水泳指導に実績のあるオリンピックメダリストの竹宇治聰子さんを講師として行います。

日程・場所・定員

(1)4月9日~2020年3月17日の火曜(全36回)⇒小岩アーバンプラザ・70人
(2)4月11日~2020年3月12日の木曜(全36回)⇒スポーツセンター・130人
毎回ロッカー代10円と保護者の送迎が必要。

時間

午後4時15分~6時

申込・問い合わせ

ハガキに希望する会場・住所・児童および保護者の氏名・2019年4月からの学年・電話番号を記入し、2月22日(金曜日)までに郵送(必着)、
〒132-8501 (住所不要) 健康推進課がん予防・事業係
電話:03-5662-1414
受け付け後、申込書を送付します。

日時

2019年2月17日(日曜日)午前10時30分~11時30分

場所

(直接)タワーホール船堀303会議室

定員

80人(先着順)

講師

日本地域ケア協会代表・梅澤宗一郎

後援

江戸川区、区社会福祉協議会

主催・問い合わせ

江戸川社会福祉士会 電話:03-6808-2136

日時

2019年2月21日(木曜日)午前9時30分~11時30分

対象

症状が思い当たる方とその家族(申込順)

講師

東京都リハビリテーション病院・堀田富士子

場所・申込・問い合わせ

事前に電話で、地域活動支援センターはるえ野(春江町2丁目41番8号)
電話:03-5664-6070=月曜・木曜 午前10時45分~午後7時、火曜・金曜・日曜 午前10時45分~午後5時
毎週火曜日にグループ訓練を実施。

日時

2019年3月7日(木曜日)午後1時30分~3時30分

内容

専門医による診察・療養相談

対象・定員

パーキンソン病・脊髄小脳変性症などの神経難病やその疑い(しびれ、麻痺(まひ)、歩行・言語障害など)のある方5人(申込順)

場所・申込・問い合わせ

2月4日(月曜日)~8日(金曜日)午前9時~午後5時に電話で、
江戸川区医師会 電話:03-3652-3166

日時

2019年2月27日(水曜日)午前9時30分~11時40分

場所

東部健康サポートセンター

対象・定員

区内在住または在勤の歯科衛生士30人(申込順)

講師

日本大学歯学部教授・植田耕一郎

申込・問い合わせ

2月4日(月曜日)午前9時から電話で、小松川健康サポートセンター

区では、2月を「介護保険料納付促進月間」として、保険料収納率向上の取り組みを強化します。

訪問・電話催告を強化します

日中、介護保険料に滞納がある方を対象に、職員が電話をかけたり、ご自宅を訪問したりして、納付催告を実施します。

保険料を滞納すると…

保険料を長期にわたり滞納している方は、介護保険のサービスを利用する際に、1割または2割である利用者負担を3割(利用者負担の割合が3割の方は4割)に引き上げる措置などが取られます。滞納は放置せず、介護保険課へ早めの納付相談をお願いします。

問い合わせ

介護保険課保険料係 電話:03-5662-0827

1年間(2017年8月1日~2018年7月31日)に外来診療で支払った医療費が14万4000円を超える場合、その超えた金額を支給する制度です。2018年7月31日(基準日)時点で高額療養費の所得区分が「一般」「低所得者1」「低所得者2」の方が対象となります。基準日時点で国民健康保険に加入している対象者の方には申請書を送付しました。また、基準日時点で後期高齢者医療制度に加入している対象者の方には、2月下旬に高額療養費の振込先口座と同じ口座に支給します。詳しくは、基準日時点で加入していた医療保険の担当係にお問い合わせください。
対象期間のうち、ほかの医療保険(他市区町村の国民健康保険や、社会保険など)に加入していた期間がある方は、その期間中に支払った医療費も合算できる場合があります。

問い合わせ

国民健康保険に加入の方⇒国民健康保険給付係係 電話:03-5662-8053
後期高齢者医療制度に加入の方⇒高齢者医療係係 電話:03-5662-1415

2019年度日本手話講座受講生募集

(1)初級

日時

2019年4~9月の月曜 午後7時15分~8時45分(全16回)

定員

10人(申し込み多数の場合は抽選)

費用

5000円

(2)初級2・中・上級

日程

2019年4月~2020年2月の月曜~木曜、土曜(各全31回、水曜夜のみ全22回)

時間

  • 午前10時15分~11時45分
  • 午後1時15分~2時45分
  • 午後3時~4時30分
  • 午後7時15分~8時45分

定員

各12~15人(申し込み多数の場合は抽選)

費用

3万5000円
※(2)は3月4日(月曜日)午後7時または7日(木曜日)午後2時30分から、江戸川ろう者協会(タワーホール船堀3階)で「レベルを知ろう試験」を実施(初級受講の方は試験なし)。

場所

グリーンパレスほか

後援

江戸川区

主催・申込・問い合わせ

2月22日(金曜日)までに電話またはFAX(記入例参照)で、
江戸川ろう者協会 電話:03-6661-3004・FAX:03-6661-3002=午前9時~午後5時(土曜・日曜は午後1時まで、祝日を除く)

対象・内容

  • 昭和20年4月1日以前に生まれた方⇒200円券(三療券)15枚と2200円券(三療割引券)10枚を発行
  • 昭和20年4月2日~30年4月1日に生まれた方⇒2200円券(三療割引券)10枚を発行

いずれの方も発行は年度内に1回限り。

申込

申請書(はり・きゅう・マッサージ利用券取り扱い施術所、各熟年相談室・なごみの家・くすのきカルチャーセンター・シルバー人材センター、くつろぎの家で配布)またはハガキ(「2019年度はり・きゅう・マッサージ利用券希望」・住所・氏名(フリガナ)・生年月日・電話番号を記入)を郵送

  • 申し込みは、いずれの場合も、1枚につき一人の申請となります。
  • 2月28日(木曜日)までの到着分は、3月下旬にご自宅に送付します(2月28日以降も申請可能)。
  • 窓口での受け取りを希望の方は、4月1日(月曜日)以降に孝行係(区役所2階3番)へ本人確認ができるもの(保険証・運転免許証など)を持参。代理人が来庁する場合は、代理人の本人確認ができるものも併せて持参。

4月上旬は窓口が混み合いますので、お急ぎでない方は時期をずらしての来庁をお勧めします。

問い合わせ・申込先

〒132-8501 (住所不要) 福祉推進課孝行係
電話:03-5662-0314

 「ハクショーン」と毎年春になると、くしゃみ、鼻水、目のかゆみがつらいのがスギ花粉症、そして季節によらず一年中鼻水、鼻づまりで悩まされるのがダニによるアレルギー性鼻炎。どちらも勉強や仕事に集中できなくなり、症状を抑える飲み薬や目薬、点鼻薬などが手放せず、どうにかこの体質を改善できたらいいのにと思う人も多いのではないでしょうか。
 そこで登場したのが「舌下免疫療法」といわれるアレルゲン免疫療法です。アレルギーの原因物質(スギやダニ)を毎日少しずつ舌の下から体に吸収させることで、アレルギー反応を弱め、症状を長期間和らげたり、治したりできる新しい治療法です。
 5歳以上のお子さんから大人まで幅広い年齢の方が、この治療法を受けられるようになりました。治療期間は3 年以上と根気のいる治療法ですが、長く続けた人の方が、治療を止めた後も長期間症状が改善するといわれています。ただし、この治療法は全ての人に効果が期待できるわけではなく、まれですが治療開始後に重大なアレルギー症状が起こる可能性もあることなどをよく理解した上で始める必要があります。
 「自宅で毎日一日一回、舌下に服用」で、これまで嫌だった春が桜の待ち遠しい季節に変わり、毎日飲んでいた薬も要らなくなる日がくるかもしれません。治療法の一つの選択肢として耳鼻咽喉科や小児科などでぜひ相談してみてください。

江戸川区医師会

これまでの医学メモは、江戸川区医師会ホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)(健康ワンポイントアドバイス)でご覧になれます。

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?