区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 広報えどがわ > 2019年 > 2019年1月 > 1月1日新春特集号 > 文化をかかげとこしえに 自治と自由をもりあげる

更新日:2019年1月23日

ここから本文です。

文化をかかげとこしえに 自治と自由をもりあげる

CCBY 但し、画像データは除きます

 

地域で集い支えあう文化が薫るまち

 社会貢献を目指す人々を応援する「江戸川総合人生大学」(写真10)が16年に、子どもから熟年者まで気軽に集う福祉拠点「なごみの家」が28年に(31年1月現在8カ所、写真11)開設したことは、いずれも「地域力」が強みの本区を象徴するものといえるでしょう。
 一方、姉妹都市や友好都市をはじめとする他都市との交流はますます盛んになり、豪州ゴスフォード市(現・セントラルコースト市)には6年に姉妹都市庭園が開園。セントラルコースト市とは、合併に伴う新市政への移行を踏まえ、30年に改めて姉妹都市盟約が締結されました(写真12)。
 同年には区ゆかりの児童文学作家・角野栄子(かどのえいこ)さんが、児童文学のノーベル賞ともいわれる「国際アンデルセン賞」を受賞。文化の都市として発展を目指す本区に明るい話題を添えてくださいました。

写真10、11、12

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?