区民向け情報

閉じる

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

「旧中川ボートフェスティバル2015」開催

各種ボート体験で水上スポーツを盛り上げる!

写真:ボート体験の様子

2020年の東京五輪では、カヌー・スラロームの開催が予定されている江戸川区。4月12日、旧中川では「旧中川ボートフェスティバル2015」が開催され、家族連れなど約1,200名が来場しました。
同フェスティバルは、水上スポーツ体験を通じて自然に親しむと共に、地域との交流をさらに深めてもらおうと開催されたもので、ボートやカヌーなどの水上スポーツをスタッフの丁寧な指導のもと無料で体験することができるイベント。平成15年に初めて開催され、今年で13回目を迎えます。小学4年生から参加できるとあって、親子で水上スポーツを楽しむこともでき、毎年多くの家族連れなどでにぎわっています。

写真:ドラゴンボートレース大会

今回、体験が行われたのは、4人乗りボートの「ナックルフォア」や10人乗りの「Eボート」、1人乗り又は親子で乗れる「カヌー」の3種。ライフジャケットを装着した参加者たちは、初めにボート等への乗降船の仕方や進行方向に合わせたオール・パドルの使い方などについて指導を受けました。基本操作を学んだ参加者たちは、早速、用意されたボートやカヌーなどに一人ずつ乗船。ほとんどの参加者が初めて水上スポーツを体験するとあって、初めは思うように進まなかったボート等も、次第に上手にオールやパドルを操作できるようになり、爽快に水辺を走っていました。

また、昨年に引き続き、20名乗りのドラゴンボートで直線200メートルの距離を漕ぎその順位を競う「第2回江戸川区・ドラゴンボートレース大会」も同時に開催され、12チームが仲間や家族と共に出場。地元町会・自治会からの出場もあって、数多くの応援団が会場に集まり、太鼓手の太鼓が響きわたる中、大いににぎわいました。

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?