区民向け情報

閉じる

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

「はがき絵」で手作りの年賀状

心温まる、新年のあいさつ

写真:はがき絵作りをする熟年者

熟年者の教養講座「くすのきカルチャー教室」では、正月を前に、年始のあいさつ状として送る「はがき絵」づくりの講座が開講され、参加者は色鮮やかなはがき絵を、心を込めて制作しました。
「くすのきカルチャー教室」は、60歳以上の熟年者を対象に開講されている教養講座。区内6か所で開講され、現在30科目以上、約90教室、年間約2,300人の熟年者が学びを通して生きがいや仲間づくりをしています。
今年の4月から開講されている同講座は、季節の草花や果実などをモチーフに、水彩絵具を重ねてはがき大の紙に描く絵画教室。プリントされた年賀状やメールだけの味気のない交流が増えるなか、心を込めた手作りのはがき絵が作れるとあって、申し込みが殺到する人気の講座となっています。色の強弱や彩色によって作者の感性が表れ、立体的で鮮やかに描かれた作品は、送る側送られる側ともに心温まる贈り状として喜ばれています。

写真:絵具でカラフルに彩る「はがき絵」

同講座の年内最終開講日となった21日(月曜日)、中央くすのきカルチャー教室では、参加者28名が来年の干支である「申」の木目込み人形や「獅子舞い」、「凧上げ」など正月らしい題材を用いて、はがきいっぱいに色を重ねて思い思いに絵を描いていました。
夫婦で講座に参加していた74歳の女性は、「毎週、この教室に来るのが楽しみです。夫婦で一日も休まず参加しています。年賀状は、もう少し上手になってから知人に送りたいと思います。」と謙遜しながら笑顔で話していました。
会員がこれまでに作ったはがき絵は、中央図書館(中央3丁目)4階講習室において、平成28年1月13日(水曜日)から22日(金曜日)まで開催される「2016年 新春はがき絵展」で展示。季節感や情緒があふれ、温もりのある「はがき絵」が一堂に集められ、来場者の目を楽しませます。

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?