区民向け情報

閉じる

トップページ > 健康・医療・福祉 > 医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症 > 江戸川区が主催する行事等の取扱いに関する方針 その1

更新日:2020年3月24日

ここから本文です。

江戸川区が主催する行事等の取扱いに関する方針 その1

新型コロナウイルス感染症については、東京都内において感染源・感染経路が判明していない症例が増加しています。国は2月25日決定の「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」(首相官邸ホームページ「新型コロナウイルス感染症対策本部」/別ウインドウで開きます)において、『まさに今が、今後の国内での健康被害を最小限に抑えるうえで、きわめて重要な時期である。』と述べており、東京都も同様の認識を示しています。江戸川区も国・都と共通の現状認識のもと、新型コロナウイルス感染防止のため、当面の間(3月15日まで)の江戸川区主催の行事等(行事・イベント・式典・講演会等、人が集まる催し。以下同じ)について下記の通り取り扱いを定めました。

※国が大規模イベントの自粛要請期間を延長したこと等を受け、都は対応方針の継続を決めました。江戸川区でも当初「当面の間(3月15日まで)」としていた期間を「当面の間」とします。(3月12日)

 
  1. 当面の間(3月15日まで)、江戸川区が主催する行事等については、東京都が2月21日付けで示した「東京都主催イベントの取扱いについて」(外部サイトへリンク/別ウィンドウで開きます)における対応方針に準じ、延期または中止等を判断する。
  2. 3月15日以降の行事等について判断を行う必要がある場合についても、区の新たな方針が示されるまでの間は本方針に基づき判断する。
  3. 江戸川区主催以外(実行委員会主催等)の行事等についても、江戸川区が積極的に関与している行事等については、主催者に本方針の趣旨を説明し、協力を求める。
  4. 本方針は新型コロナウイルス感染防止の観点から、適宜見直しを行う。
 

このページを見た人はこんなページも見ています

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?