区民向け情報

閉じる

トップページ > 防災・安全 > 新型コロナウイルス感染症 > 江戸川区の対応 > 斉藤区長からのメッセージ等 > 斉藤区長からのメッセージ「4度目の緊急事態宣言を受けて」(令和3年7月12日)

更新日:2021年7月12日

ここから本文です。

斉藤区長からのメッセージ「4度目の緊急事態宣言を受けて」(令和3年7月12日)

 江戸川区長の斉藤 猛です。
 4回目となる「緊急事態宣言」が発令されました。
都の要請に基づき、区内の文化施設やスポーツ施設などで開館はするものの、時間の短縮や利用人数の制限などをさせていただきます。区民のみなさまには、ご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、更なる感染拡大を防ぐ為にも、ご理解をいただきますようお願いいたします。
 さて、感染症対策の決め手となるワクチン接種は、現在、65歳以上の方の8割が一回目の接種を完了しました。64歳以下の方にも接種券をお送りしたところですが、希望する量のワクチンが供給されず、ご迷惑をおかけしています。供給量が戻り次第予約枠を拡大していきます。
 そうした中、感染対策のもう一つの柱ともいえる、PCR検査の強化に取り組みます。本区では若者の感染が拡大傾向にあり、感染者の早期発見が重要となっています。宣言期間中には、都と連携して区内全ての駅で無料のモニタリング検査(実施方法詳細は非公表です)を実施し、感染拡大防止につなげていきます。
 また、時短や休業を余儀なくされる事業者のみなさまに向け、区独自の融資制度も拡大します。融資限度額を1000万円から2000万円に拡大、受付期間も来年の3月まで延長します。
 区民の皆様には、引き続き制限のある生活をお願いすることとなりますが、皆様と力を合わせ、一日も早く日常を取り戻せるよう努力してまいります。ご協力を心からお願いいたします。

江戸川区長 斉藤 猛

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?