区民向け情報

閉じる

トップページ > 防災・安全 > 新型コロナウイルス感染症 > 相談 > 陽性者の届出対象の見直しについて

更新日:2022年9月26日

ここから本文です。

陽性者の届出対象の見直しについて

令和4年9月26日、陽性者の届出対象が見直されました

高齢者等重症化リスクの高い方を守るため、令和4年9月26日から全国一律で感染症法に基づく医師の届出(発生届)の対象を4類型に限定し、保健医療体制の強化、重点化を進めていくことになりました。

発生届の対象者

  • 65歳以上の方
  • 入院を要する方
  • 妊婦の方
  • 重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ治療薬又は酸素投与が必要な方(※)※入院や重症化リスク・治療については、医師の判断となります。

新型コロナの陽性が判明したとき

発生届対象の方

保健所からの連絡にしたがって療養してください

詳細は「自宅療養中の方へ(発生届の対象の方)」をご覧ください。

発生届対象外の方

療養中の支援を希望する方は東京都陽性者登録センターに登録してください。

体調不安や療養中の困りごとは、うちさぽ東京へ相談してください。

詳細は「自宅療養中の方へ(発生届の対象外の方)」をご覧ください。

発生届の対象外の方はHER-SYSの登録が行われないため、MyHER-SYSや紙での療養証明書は発行されません。

療養中の過ごし方

  • 原則、外出は自粛してください。
  • 症状軽快してから24時間がたった場合は生活必需品の買い出しなど必要最低限の外出は可能です。ただし、自主的な感染予防対策を徹底してください。

療養解除後の注意点

療養が解除になっても、症状がある方や症状があった方は10日間、一度も症状がない場合は7日間が経過するまでは、感染リスクがあります。
検温など自身による健康状態の確認、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部保健予防課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?