区民向け情報

閉じる

トップページ > 防災・安全 > 新型コロナウイルス感染症 > 相談 > 自宅療養中の方へ(発生届の対象の方)

更新日:2022年9月26日

ここから本文です。

自宅療養中の方へ(発生届の対象の方)

発生届の対象とならない方は、以下のページをご覧ください。

自宅療養について

  • 医療機関から届出後、保健所からショートメッセージや電話で相談窓口の連絡先等をお知らせします。
  • 医療機関から陽性と言われた翌日中に保健所から連絡がない場合は、江戸川区帰国者・接触者電話相談センターへご連絡ください。
  • 報告システム等を利用し、毎日の健康状態の報告をお願いします。(健康観察結果の報告を見る)
  • 自宅での療養期間は、発症日(症状が出現した日)を0日目とし7日目までになります。無症状の場合も7日目までです。(療養終了を見る)
  • 周囲の方へ感染させないために、ウイルスの感染性が低下するまでの期間、自宅での療養となります。自宅内でも必要最小限の行動をお願いします。
  • 同居者がいない場合は、ご家族や友人、同僚等へ自宅療養中であることを知らせておきましょう。

相談・連絡先

食料・パルスオキシメーターの配送や、症状の軽い方の体調の相談

自宅から宿泊療養施設へ入所を希望する方の相談

ご本人が直接お申込みの相談ができます。

症状悪化時(息苦しい等)の相談

平日の日中

  • 江戸川区帰国者接触者相談センター
    電話:03-5661-1124(平日8時30分~17時15分)

夜間・休日

東京都フォローアップセンター(保健所からお知らせします)

緊急時

すぐに119番へ通報し、救急車を要請してください。

自宅療養期間中の流れ

保健所から療養中の方への連絡

検査を実施した医療機関から保健所へ届出が提出され、その届出を受理後に保健所から療養中の方へメールまたは電話(注)で患者専用相談窓口の電話番号等をお知らせします。

(注)ショートメッセージ(SMS)または携帯電話からの連絡になります。
(注)ショートメッセージの届く電話番号を医療機関へお伝えいただくようお願いいたします。

ご自身での健康観察の実施

  • 自宅療養期間中は、毎日の健康観察、保健所への報告をお願いします
    (注)報告方法は下記「健康観察結果の報告」をご参照ください
  • 体温と症状(咳、鼻水、呼吸苦など)の有無を1日2回測定しましょう
    (注)パルスオキシメーターをお持ちの場合は、酸素飽和度(SpO2)の入力もお願いします

自宅療養中の注意事項

  • 救急車の要請やかかりつけ医等に連絡する目安等を確認いただけます
    自宅療養中の注意事項・相談窓口など(東京都福祉保健局のサイト)(別ウィンドウで開きます)
  • 療養期間中の外出自粛について
    有症状の場合で症状軽快から24時間経過後または無症状の場合には、外出時や人と接する際は短時間とし、移動時は公共交通機関を使わないこと、外出時や人と接する際に必ずマスクを着用するなど自主的な感染予防行動を徹底することを前提に、食料品等の買い出しなど必要最小限の外出を行うことは差し支えないこと。(「新型コロナウイルス感染症の患者に対する療養期間等の見直しについて」令和4年9月7日厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部発事務連絡)

自宅療養解除の目安(令和4年9月7日変更)

有症状者(症状がある場合、症状があった場合)

発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過した場合には8日目から解除

(注)発症日:なんらかの症状が出た日(原則は医師が診断時に発症日と判断した日)を0日目とします。
(注)ただし、10日間が経過するまで、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触やハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底にご協力をお願いします。
(注)症状の悪化が続くなどの場合、療養期間が延長される場合があります。発熱が続くなどの場合は、体調を記録し、相談窓口へご連絡ください。

無症状病原体保有者(一度も症状が出ていない場合)

検体採取日から7日間を経過した場合には8日目に解除

(注)検体採取日:検査した日(診断の根拠となった検査の検体をとった日)を0日目とします。
(注)療養中に症状が出た場合には、症状出現日を0日目として8日目に解除となります。
(注)5日目に抗原検査キット(薬事承認されたもの)による検査で陰性を確認した場合には、6日目に解除。ただし、7日間が経過するまでは感染リスクが残存することから、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

健康観察結果の報告

自宅療養期間中は、毎日、保健所へ報告をお願いします。

報告は2種類の方法があります

いずれかの方法でご報告ください。

  1. スマートフォンやパソコンで報告システム「My HER-SYS」に入力
  2. 自動架電サービスを使用し、音声ガイダンスへの回答で報告

報告システム「My HER-SYS/マイハーシス」の登録方法

健康状態を保健所へ報告するシステムの登録方法をご確認いただけます。

  身長、体重、既往歴、コロナに関する服薬情報、コロナ以外に関する服薬情報、アレルギーの有無、ワクチン接種回数、重症化リスク、同居人、妊娠の有無  

報告された健康観察の結果は保健所で確認されます

症状が悪化している場合、新しい症状が出現した場合等は、保健所から個別に電話連絡をいたします。必要と判断された場合、往診やオンライン受診等の手配を保健所が行います。

療養証明について

新型コロナウイルス感染症と診断され発生届の対象となった方は、HER-SYSの登録が行われているため、MyHER-SYSの療養証明書の活用が可能です。MyHER-SYSを利用できない方については、MyHER-SYSと同様の内容(診断日)を記載した紙の自宅療養証明書を保健所にご申請ください。

家庭内で感染を拡げないために

同居者がいる場合は、家庭内感染を拡げないように留意しましょう

自宅での感染予防 8つのポイント

  1. 部屋を分けましょう
  2. 感染者の世話をする人は、できるだけ限られた方にしましょう
  3. 感染者・同居者は、お互いにマスクをつけましょう
  4. 感染者・同居者は、小まめに手を洗いましょう
  5. 日中はできるだけ換気をしましょう
  6. 手のよく触れる共用部分をそうじ・消毒しましょう
  7. 汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう
  8. ゴミは密閉して捨てましょう

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは健康部保健予防課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。