区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 計画・目標 > みんなのえどがわ大会議 > 成り行きの2100年江戸川区はどうなるの?

更新日:2021年4月15日

ここから本文です。

成り行きの2100年江戸川区はどうなるの?

このままの未来で、いいのかな?

どんな風に変わっちゃうの…不安だね。2100年、江戸川区の人口も区のお金も職員も減ってしまいます。
もしこのままだと、私たちの暮らしは一体どうなってしまうのでしょうか。
身近な3つのテーマを例に、未来の姿を見てみましょう。

テーマ1 私たちの生活 人口が減ることで、江戸川区に住む私たちの生活には、どんな影響があるのでしょうか?

高齢者を取り巻く環境

介護・医療
介護や医療を行う人が足りず、必要な人にサービスを届けることができなくなってしまいます。

 

生きがい生きがい
カルチャーセンターやシルバー人材センターを続けることが難しくなり、趣味や仕事の機会が減ってしまいます。

子どもを取り巻く環境

子育て
子どもの数は約40%も減り、定員に空きができる保育園も。手当や補助金なども、今と同じように続けることが難しくなります。


学校教育
校舎は古くなっていきますが、お金が足りず、充分に建て替えや修理ができなくなってしまいます。

大人を取り巻く環境

町会・自治会
町会や自治会で活動する人が減り、美化活動や防犯活動を続けていくことが難しくなります。

 

区内産業
区内の会社の数も大きく減少し、働く場所が減ってしまうことで、まちの活力も低下してしまいます。

 

みんなが仲良く暮らすためには?
障害の有無や国籍、性別などによって、生きづらさを感じている人たちがいます。制度やみんなの意識が変わらなければ、この状況は解消されません。

テーマ2 まちの景色 みんなが使う公園や道路、施設にも、地域自慢のイベントにも、大きな影響が出るんです!

みんなの大好きなおまつりは?

花火大会・おまつり
花火大会や地域のおまつりも、江戸川区の人口が減ることにより、今と同じようにはできなくなります。

みんなが使う場所は?

公共施設
スポーツ施設やコミュニティ会館などの数を3分の2に減らさなければ、維持するお金が足りなくなります。

 

公園・道路
公園や道路の安全を守る人が減るため、公園では安全に遊べず、道にでこぼこがあってもすぐに直せなくなってしまいます。

ごみの収集は大丈夫?

ごみ
清掃職員が少なくなり、日々のごみ収集作業がスムーズにできなくなってしまいます。

テーマ3 災害への備え 今後30年以内に高い確率で起こると言われている大地震。みんなの安全・安心は大丈夫?

もしものときは、安心してていいの?

避難所
学校が減るということは避難所の数が減るということ。避難所にたどりつくのが大変になってしまいます。

 

気候変動で江戸川区にどんな影響が?
地球温暖化などの「気候変動」。このままだと2100年には今と比べて気温が2℃以上高くなり、南極などの氷が溶けて海水面が上がったり、巨大台風が増えたりして、水害が大規模に。海抜ゼロメートル地帯の多い江戸川区は水浸しになる恐れもあります。

暗い未来は、絶対に嫌!

未来を決めるのは、あなた。どんな未来を描く?
私たちの暮らしも、まちの景色も、いざという時の備えも、待ち受けているのは目を覆いたくなるような未来ばかり…。
しかしこれは、「起こるかもしれない」未来です。
みなさんの力で、未来の姿は変えられます。
さあ、みなさんは今日生まれた赤ちゃんのために、自分や家族のために、どんな未来を描きますか?
どんな2100年がいいか、みんなで考えてみよう!

お問い合わせ

このページはSDGs推進部が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?