区民向け情報

閉じる

更新日:2021年4月15日

ここから本文です。

2100年の江戸川区を考えよう

今日生まれた赤ちゃんが80歳になる頃のまちの姿

現在、日本人の平均寿命は80歳以上。2100年を知るためにデータから見ていこう!
2100年は、今日生まれた赤ちゃんが80歳になる頃です。
遠いようで意外と近い2100年の江戸川区の姿を考えるため、
まずは「3つの推計データ」を見てみましょう。

人口ってどうなっちゃうの?

お友だち減ったりしないよね?推計データによると、江戸川区の人口は、2020年から2025年にピークを迎え、その後緩やかに減り続けます。今日生まれた赤ちゃんが80歳になる2100年頃には、人口は現在の約3分の2にまで減ってしまいます。一方で、高齢者の割合は今よりも高くなり、外国人の人口も増え続けていくと予測されています。

外国人が増えていて、2100年には7.5万人に。6人に1人が外国人になるから、言葉を覚えたり教えたり仲良くしようね!

 

江戸川区全体の将来人口の推移

グラフ ピーク70万人 25万人減 35パーセント減 45万人
学校に例えると、35人クラスが22人になる感じ

区のお金は大丈夫?

まちのために使えるお金が減っちゃってる…人口の推計データなどを基に区のお金「歳入」を試算すると、2100年にはなんと約1000億円も減ってしまう可能性があります。私たちの暮らしを守るためのお金がこんなに減ってしまうことで、さまざまな影響が出てきてしまいます。

江戸川区全体の歳入推計

グラフ 2664億円 1027億円減 38パーセント減 1637億円
おうちのお金(家計)に例えると…月15万円の収入が月10万円以下に…

区役所で働く人の数は?

現在3800人ほどいる区役所の職員数は、2100年には約2400人になると推計されています。これは例えば今まで10人で行っていた仕事を6人で行うということになります。今と同じ仕事のやり方では、私たちの暮らしを支えていくことができなくなるかもしれません。

江戸川区全体の職員数推計

グラフ 3792人 1399人減 36パーセント減 2393人

人口もお金も減っちゃうと、どうなるのかな…

このまま何もしないとどんな未来が待ち受けているの?
3つの推計データから、2100年までに江戸川区の人口も、区のお金も職員も減ってしまうことが分かりました。
もし、このまま私たちが何も変わらず今のままの生活を続けていると、どんな未来が待ち受けているのでしょうか。
成り行きの2100年の江戸川区の姿を見てみましょう。

お問い合わせ

このページは経営企画部企画課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?