このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

集え 若者! えどがわ江戸際会議

更新日:2018年7月9日

えどがわ江戸際会議開催の背景と目的

 2020年、江戸川区でもカヌー・スラローム競技が行われるオリンピック・パラリンピック競技大会の開催は、江戸川区を更に元気で楽しいまちにする絶好のチャンス!
 大会の成功はもちろん、2020年のその先の我がまち江戸川の未来を創るアイデアを考え、地域とチカラを合わせてその実現を目指すため本プロジェクト会議を企画。

参加条件

応募時点で満16〜30歳(江戸川区民以外でも応募可)
江戸川区に高い関心を持っていること
原則、全ての回に参加できること
※その他参加要領に同意していること

※本応募は現在終了しております。(3月23日募集〆切)

日時

日付

時間 会場

4月17日(火曜日)※終了

午後6時30分〜8時45分 タワーホール船堀
4月21日(土曜日)※終了 午後1時30分〜4時00分 新田コミュニティ会館
5月10日(木曜日)※終了 午後6時30分〜8時45分 タワーホール船堀
5月17日(木曜日)※終了 午後6時30分〜8時45分 タワーホール船堀
5月24日(木曜日)※終了 午後6時30分〜8時45分 タワーホール船堀
5月31日(木曜日)※終了 午後6時30分〜8時45分 タワーホール船堀
6月7日(木曜日)※終了 午後6時30分〜8時45分 タワーホール船堀
6月28日(木曜日)※終了 午後6時30分〜8時45分 江戸川区総合文化センター

※6月28日は発表会を予定

開催実績

第1回(2018年4月17日開催)

江戸川区長講演と参加者同士の自己紹介が行われました。

【速報】区長から江戸川LOVEな参加者への熱いエールとともにえどがわ江戸際会議キックオフ!!!

【レポート】区長の熱弁!若者へ届け!!区長の最近テンション上がった瞬間も判明した第1回


会議Report Vol.1

※スポーツチャレンジーデーについて

第2回(2018年4月21日開催)

カヌー体験と江戸川区スポーツ振興課長の講義・アイデア検討会が行われました。

【速報】ドキドキのカヌー体験とテーマ別アイデア検討いよいよスタート!!

【レポート】カヌーは(インスタ)映える!?若者らしいアイデアが飛び交った検討会!!!

第3回(2018年5月10日開催)

宗家花火鍵屋15代目当主天野安喜子さん、江戸川区広報課長の講義、アイデア検討会が行われました。

【速報】日々チャレンジ!天野さんの人生論に共感者続出な第3回!!

【レポート】区の魅力再発見!!江戸川の今と未来を熱く語った第3回。

第4回(2018年5月17日開催)

障害のある外国人のための日本観光情報サイト「ACCESSIBLE JAPAN」を運営する、カナダ・トロント市出身のグリズデイル・バリージョシュアさん(アゼリー江戸川勤務)、江戸川区障害者福祉課長、土木部副参事の講義、アイデア検討会が行われました。

【速報】カナダのサムライ、ジョシュアさん!日本への愛とアクセシブルの未来について語る。

【レポート】参加者が考える「やさしいまち」とは、様々な角度からの意見にジョシュアさんも共感した第四回。

第5回(2018年5月24日開催)

土木部副参事・水とみどりの課長の講義、6月28日の発表に向けたチーム決めが行われました。

【速報】参加者からあふれるパッション!!思いをカタチへ

第6回(2018年5月31日開催)

6月28日の発表向けて、各チームごとにアイデア検討が行われました。

【速報】いざ発表へ向けて

第7回(2018年6月7日開催)

6月28日の発表本番に向けて、5つの班からアイデアの中間発表が行われました。

【速報】本番前の肩慣らし!!いざ中間発表!

【レポート】5つのチームと5つの想い!江戸川の未来を創造する若者たち、いざ本番へ!!


会議Report Vol.5

第8回(2018年6月28日開催) 発表会

開催報告
「語ろう創ろう未来の江戸川区」を合言葉に、江戸川区LOVEな若者が集まり、二か月半にわたり区の未来を熱く語り合ったえどがわ江戸際会議。

6月28日はその集大成として、参加者が5つのチームを作り、江戸川区長と幹部職員を前にアイデア発表が行われました。各チームより取り上げられたテーマは障がい者や外国人の間にある様々な壁を取り払う「共生社会」やSNSやカヌーを活用した「魅力溢れる街」をテーマとしたものなど、若者が目指す未来の江戸川区に対する熱い思いが語られました。

発表に対しては若者らしい発想や、斬新なアイデアが随所にちりばめられており、区長はじめ幹部職員は食い入るように発表を聞いていました。区長から参加者へは、様々なフレッシュなアイデアと新しい可能性を感じることができ、非常に楽しい時間を過ごすことができた。と参加者の労をねぎらうありがたいコメントもいただきました。

提案されたアイデアは今後区政運営の参考にするとともに、実現可能性について検討していきます。またアイデアの中には、参加メンバー自ら団体を結成し、実現に向けて主体的に取り組んでいくという、とても力強い提案がありました。今回の参加メンバーを中心に輪が広がっていくことで、江戸川区が更に活力あふれる街になると確信しております。若者たちの今後の活動に乞うご期待!!


全参加者と区長で記念撮影

プレゼンテーションプログラム
NO タイトル チーム名

プレゼン内容概要 

1

NoBorder☆de☆共生社会
〜walk in Edogawa

ボーダレース
江戸川

「共生社会のまちづくり」をテーマに若者・高齢者・障がい者・外国人との間に存在する、言語や障がいなどの様々な壁を取り払うアイデアとして若者主体の【ウォーキングイベントの開催】や【江戸川あいさつデーの創設】などを提案。
2 little EDOGAWA color.full

「共生社会」をキーワードに、外国人へ抱いている無関心や偏見という壁を取り払うためのアイデアをザイオンス効果を用いながら提案。
※ザイオンス効果・・・接する回数が増えるほど、その対象に対して好印象を持つようになる効果。

3 若者タウンミーティング

若者うずうず
プランナー

「”若力(わかぢから)みなぎる街」をテーマに、江戸川区の区政に参画したい、志ある若者を集め、任意団体【若者タウンMTG】を設立し、よりよい江戸川区を目指す。
4 今の時代だからこそできるSNS! チームTSM 「魅力に溢れ多くの人が訪れる街」をテーマに、区のSNSについて現状分析を交えながら、【情報拡散力のある若者】と【世界的に情報を発信できる外国人】にターゲットを絞り、それぞれにあったSNSの展開方法を提案。
5

区民が誇りを持ち、訪れる人が憧れる江戸川区の実現

江戸カヌ区

「魅力あふれる、人の集まる街」を目指し、江戸川区で行われるオリンピック競技の【カヌー】と【若者】に焦点をあてて、カヌーのミスコン実施やカヌーカフェの運営など若者ならではの斬新なアイデア提案。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは経営企画部 オリンピック・パラリンピック推進担当課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る