8月30日のレシピ 揚げ焼きソーメン

更新日:2018年2月28日

おうちで実践!30・10運動で食品ロスを削減しましょう。毎月30日は冷蔵庫クリーンアップデーです。料理研究家の行長万里先生による30・10食べきりレシピを公開中。8月30日のレシピは揚げ焼きソーメン。材料はソーメン(ゆでたもの)、豚こま切れ肉、長ねぎ(青いところ)、小麦粉、焼き肉のたれ、水、油。

材料

ソーメン(ゆでたもの):60グラム、豚こま切れ肉:20グラム、長ねぎ(青いところ):20グラム、小麦粉:大さじ2、焼き肉のたれ:大さじ1、:大さじ1、:50ミリリットル

作り方

(1)ソーメンは半分に切る。ねぎは小口切り、豚肉は細かく切る。
(2)(1)に小麦粉、焼き肉のたれ、水を入れて混ぜ、4等分に分けて、直径4センチくらいにまとめる。
(3)フライパンに油を入れて、中火にかけ、(2)を入れる。
(4)(3)の片面を2分くらい揚げ焼きにして、両面を焼く。
(5)(4)を器に盛る。

クックパッド「消費者庁のキッチン」でも行長万里先生の30・10食べきりレシピを公開しています。実際に作っていただいた方は、ぜひクックパッド内の『つくれぽ』にご投稿をお願いします♪

30・10食べきりコラム~行長万里先生の5か条その2 『食”財”と向き合おう』~

 料理研究家『行長万里』先生の食品ロスを減らす5つの秘訣!2つ目は『食”財”と向き合おう』です。
 タイトルの食”財”ですが、決して誤字ではありません。食材とは食”財”であり、その家庭の財産です。食品ロスを発生させてしまうことは、財産を捨ててしまっていることと同じです。期限間近の食材や野菜の皮だってみなさんの立派な財産!財産を捨てるなんてもってのほかですね!こうした食品に対する見方を少し変えるだけで、食品ロスに対する意識を変えることができます。 

問い合わせ先

このページ 環境部 清掃課 が担当しています。