このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

消費者教室(連続講座)「熟年世代のライフプランニング」終了レポート

更新日:2013年4月1日

これからの人生を考える上で大切な「ライフプランニング」。
中央図書館との共催による4回連続講座にたくさんの方からご応募いただき、各分野の専門家をお招きして、熱気のこもった教室の雰囲気の中、より深く学ぶ事が出来ました。

第1回 「年金世代の収入に応じた家計術」

日時

平成24年9月26日(水曜日) 午後1時30分〜3時30分

会場

中央図書館 4階 講習室

講師

豊田 眞弓(金融広報アドバイザー、ファイナンシャルプランナー)

参加者

区内在住・在勤の方 74人

内容

  • 1.老後に自助努力が必要な時代
  • 2.高齢者世帯の家計
  • 3.ライフプランと今後の支出、貯蓄
  • 4.「家計力」は生涯必要なスキルです!
  • 5.知っておきたい医療・介護のポイント

参加者の声(アンケートより)

  • ライフステージや自分の生活にあったゆとり配分の重要性を知りました。ありがとうございました。
  • サードライフという概念を初めて知り、目からウロコでした。もっと学んで、自分でも検討しようと思います。
  • 雑談なども交えた比較的分かりやすいお話でした。
  • 来年から年金受給予定なので、今日教わったことを頭においてリストなど作ります。
  • 今後、前向きに生きられるように役立てたいと思います。

第2回 「私たち世代に必要な生命保険とは」

日時

平成24年10月10日(水曜日) 午後1時30分〜3時30分

会場

中央図書館 4階 講習室

講師

高地 貞雄(公益財団法人生命保険文化センター 生活情報室審議役)

参加者

区内在住・在勤の方 61人

内容

  • 1.生活設計と生活保障の考え方
  • 2.医療保障・介護保障の考え方
  • 3.生命保険の選択、見直しの手順

*質疑応答の後、地域包括支援センター江戸川区医師会の方より、熟年相談室の紹介をしていただきました。

参加者の声(アンケートより)

  • 高額療養費制度で自己負担が軽減されることを知りました。
  • 大変わかりやすいお話でした。家に帰って検討しなくてはいけないと感じました。
  • 個人年金について下取り保険を勧誘されていたので、今日の講座で再検討しようと思います。
  • 生命保険の内容について理解でき、かしこく利用する方法がわかりました。
  • 熟年相談室のお知らせがあって良かったと思います。

第3回 「人生100年 これからの住まいの選び方」

日時

平成24年10月25日(木曜日) 午後1時30分〜3時30分

会場

中央図書館 4階 講習室

講師

池田 敏史子(特定非営利活動法人シニアライフ情報センター 代表理事)

参加者

区内在住・在勤の方 61人

内容

  • 1.今の住まいに住み続けるのか、住み替えるのか
  • 2.高齢者向け住宅の種類とその違い、長所と短所(サービス付き高齢者住宅、有料老人ホーム、特養ホームなど)
  • 3.選ぶ際に準備すること、知っておきたい事、考え方について

参加者の声(アンケートより)

  • 経験豊富な先生で、事例をたくさん上げてお話し下さり、とてもわかりやすくて良かったです。
  • 高齢者向け住宅、有料老人ホーム、グループホームなどの違いが理解できました。
  • 連続講座の中で関心が薄いテーマだったけれど、実際に受けたところ、大変重大な問題で、しっかり考えなければならないと思いました。
  • 1回で終わるのではなく、何度かに分けて、いろいろと話してほしいです。
  • 自分の足を使って(自分にあった住み家を)見つけるという結論は、大変参考になりました。

第4回 「自分らしく生きる為のエンディングプラン」

日時

平成24年11月21日(水曜日) 午後1時30分〜3時30分

会場

中央図書館 4階 講習室

講師

佐伯 美智子(財団法人日本消費者協会 専務理事、消費生活コンサルタント)

参加者

区内在住・在勤の方 50人

内容

  • 1.プラン作りの目的とプランの概要
  • 2.健康なうちに考えておきたい、具体的なプラン作り
  • 3.遺言書を作成する
  • 4.終末期医療と介護、意思の登録
  • 5.最近の葬儀と埋葬
  • 6.エンディングプランの記入のポイント

参加者の声(アンケートより)

  • 必ず訪れる死を、今からいろいろと考えておくのに参考になりました。ありがとうございました。
  • 知識を持っているつもりだったけれど、改めて偏った知識だとわかりました。実際に勉強できて良かったです。
  • 先の事を考えると不安になることがあったのは、自分や夫のエンディングプランをまだ考えていないからだと気付きました。「前向きに考えられる健康なうちに」とのアドバイスに従ってゆこうと思います。
  • 故人を見送った際、他人任せで何もわからず、失礼が多々あったと後から時々悩みました。早くこのような講義を受けていたら、と思いました。
  • これから前向きに物事を考えようと思う良いきっかけになりました。

中央図書館とのコラボレーションについて

今回、初の試みとして、中央図書館の講義室を会場の使用し、連続講座の内容に連動して、関連した図書を教室内に展示して、その場ですぐ借りて知識を深める事ができるように企画しました。
参加者の中には、日頃あまり図書館を利用していない方もいらっしゃいましたが、今後も利用する良い契機になりました。

図書館とのコラボレーションに対する参加者の声(アンケートより)

  • 本にも出会えて、とても良い会場でした。
  • 図書館を利用する事が無かったので、こうした機会に利用出来て良かった。
  • もっとこの共催の形態でたくさん企画してください。
  • より深く学ぶ事が出来ました。

連続講座全体を通しての参加者のご意見・ご感想

  • 日頃、どこに相談すれば良いかわからず、教室として開催してもらい、考えるきっかけになりました。
  • 全講座に参加し、それぞれ学ぶ事が多く、これからの生き方にとっての大きな力と知識として生きたいと思います。ありがとうございました。
  • ぜひまた企画してください!
  • どのテーマも専門家の意見を聞かせてもらい、本も読めて深く学ぶ事ができ、きちんとした生き方をしたいと思いました。
  • 今まであまり考えずに来たので、これからは少しずつ考えていけるヒントをもらう事ができました。
  • ある程度深い話を聞くためには、「連続」するのは良い方法だと思います。

問い合わせ先

このページは生活振興部 地域振興課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

消費者教室

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る