このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

東京都による空間放射線量の測定結果について(平成23年6月18日東京都実施)

更新日:2014年5月1日

1.測定場所および測定値

 
測定場所 地上1メートル
(マイクロシーベルト/時)
地上5センチメートル
(マイクロシーベルト/時)
小松川小学校(平井4丁目) 0.08 0.08
小岩小学校(東小岩3丁目) 0.13 0.15
鹿骨スポーツ広場(篠崎町8丁目) 0.13 0.13
滝野公園(中葛西3丁目) 0.10 0.12

(注)東京都は、放射線量の測定単位として「グレイ」を使用しています。大気中の放射線1グレイは、1シーベルトに換算できます。

測定方法

(1)測定器
 シンチレーション式サーベイメータ 
 日立アロカメディカル TCS166 (エネルギー補償型)
(2)測定方法
 地表面から5センチメートルと1メートルをそれぞれ30秒間5回測定しその平均値を求めました。

2.年間の外部被ばく線量

 このたびの計測値から求めた1年間の推定被ばく線量は、地上1メートルの最高値が0.42ミリシーベルト、地上5センチメートルの最高値が0.53ミリシーベルトでした。この値は、国際放射線防護委員会(ICRP)の2007年勧告、一般の人に対する放射線量指標である平常時年間1ミリシーベルト以下の数値でした。

(注釈) 東京都福祉保健局から示された積算量の推計式により、自然放射線量0.05マイクロシーベルト/時を差し引いて計算しています。

参考

国際放射線防護委員会(ICRP)2007年勧告

  • 1.平常時:年間1ミリシーベルト以下に抑える
  • 2.緊急事態期:事故による被ばく量が20ミリシーベルトから100ミリシーベルトを超えないようにする
  • 3.事故収束後の復旧期:年間1ミリシーベルトから20ミリシーベルトを超えないようにする

(注釈)自然放射線および医療により受ける放射線を除く

推定被ばく線量(年間)の算出方法

東京都健康安全研究センター 都内の環境放射線測定結果へのリンク

問い合わせ先

このページは環境部 環境推進課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

放射線関連情報

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る