このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年度の取り組み

更新日:2017年9月25日

〇平成29年9月
9月のテーマは「誰かのためにできること」でした。
まずはセルフワークで自分の意見を考え・書き出しました。その後、グループワークにて各自の意見共有をしました。最後にグループの代表者がまとめた意見を発表しました。また、10月の区民まつり参加に向け、きずな塾生としてできることを考えました。
塾長からは「きずな塾で得た気づきを刺激に変えて、それを日々の生活に意識してほしい。」などのお話がありました。
塾生からは「初めて参加したのですが、塾長や生徒皆さんの優しさのおかげで緊張せずに参加することができました。」などの感想がありました。

〇平成29年8月
8月のテーマは「好きなものプレゼン」でした。
自分の好きなことを限られた時間の中で伝えることを目標に各自セルフワークを行い、その後発表をしました。
今回のテーマのポイントは「何を伝えたいのか。情報だけでなく、自分の気持ちや考えを意識して話すこと。」です。
塾長からは「何が好きかを伝えることは、自分がどんな人間かを伝えることにつながる。しっかりと自分の事を伝えることが大事。」などのお話がありました。塾生からは「プレゼンテーションの勉強になりました。」「時間を意識して話すことの難しさを実感しました。」などの感想がありました。

〇平成29年7月
7月のテーマは「いじめバスターズ(2)」でした。
前月に引き続き「いじめ」をテーマとし、今月は「なぜいじめはなくならないのか?」について考え・話し合いました。塾生同士で意見を共有し、きずな塾生として出来ることを探しました。
上記テーマ以外にも、今月30日に開催する「5周年感謝祭」に向け話し合いを行いました。感謝祭当日は塾生による発表や展示・ミニゲーム等を行う予定です。

〇平成29年6月
6月のテーマは「いじめバスターズ(1)」でした。
「いじめ」の実態について把握すべく、今まで経験してきたこと・見てきたこと・その時の気持ちについて塾生同士で意見を出し、共有しました。人の感情・考え方に向き合うことや自らの考えを発言することがテーマの目的です。今回の内容を踏まえ、7月も引き続き「いじめ」について議論していきます。塾長からは「辛いこともメンバーで共有し、支えあっていこう」などのお話をいただきました。
また、いろいろな職業や仕事内容を知ることを目的として、城東職業能力開発センター江戸川校に訪問し、施設の見学を行いました。

〇平成29年5月
5月のテーマは「良いところを探そう」でした。
身近な「モノ」の良いところについてグループごとに話し合い、その内容を発表・他グループと意見の共有をしました。今回のテーマの目的は「考えるトレーニング」・「物事をいろいろな視点から見て、良い面を見つける」ことです。塾長から「どんなものにも良いところはある。一見マイナスに思えても目線の向け方が大切。プラス思考を持とう。」などのお話をいただきました。
また、5周年イベントのチラシのデザインについて、実行委員を中心に従来から参加している塾生と初めて参加された方々が一緒になって話し合いを行いました。5周年イベントは7月30日(日曜日)開催です。一人でも多くの方のご来場をお待ちしております。

〇平成29年4月
4月のテーマは「イベントをプロデュースしよう」でした。
5周年イベントに向けチラシのレイアウト作成や、イベント当日に行うゲームについて考えました。塾長からはイベントに対して「若者きずな塾開催から今までに来てくれたみんなに参加してもらいたい。実行委員を中心にみんなでイベントを成功させよう。」というお話をいただきました。イベントの日にちも決まり、塾生の皆さんもイベント成功に向け一生懸命取り組んでいます。
塾生からは「イベントを企画することの大変さを実感しました。」「様々な発表があってイベント当日は楽しくなりそう。」などの感想がありました。

問い合わせ先

このページは生活振興部 地域振興課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る