このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年度の取り組み

更新日:2017年8月15日

〇平成28年3
3月のテーマは「きずな寺子屋」でした。

今まで出会った“師匠や恩師”と思う人の言葉の中で、「自分が変わるきっかけとなった言葉」や「影響を与えられた言葉」を思い出して書き出してみたり、きずな塾に参加して何を学んだか、参加前の心境や今後どうしていきたいかなど、自分の過去・現在・未来について“変化”に着目し、それを言葉にしてみました。また、塾生チャレンジの会では、塾生の悩みについて皆で考えて意見を交換し合いました。
塾長からは「『自分で成長したい、助けなんかいらない』と思うことがあっても、時には素直に師匠のアドバイスに乗ってみるのも必要。人はどこかで誰かに出会うことで変わっていく。柔軟さ・素直さを忘れないように」とのお話しがありました。
塾生からは「きずな塾に来る前と来た後の変化を振り返ることが出来ました。来る前は自信が持てなかった⇒来てからは自信が持てるようになった。来て良かったです。そのようなことを改めて知ることが出来て良かった。」「とても充実していました。人から直に学べたと思います。」などの感想がありました。

〇平成28年2
2月のテーマは「コミュニケーションについて考えよう」でした。

コミュニケーションにおいて“自分が苦手とする相手や状況”を考えてみたり、エゴグラムといった交流分析を通して自身の性格や傾向などを改めて認識しました。
また、チャレンジの会では“キャット・アンド・チョコレート”という発想力を鍛えるカードゲームをやりました。
塾長からは「人とどう接するかに正解はない。正解のようなものを見つけよう。」「コミュニケーションでは色々な伝え方がある。話す相手や場によって内容を考え、自分から発信してみる。一生懸命届けようとする気持ち(行為)が相手の心に響く。」といったお話しがありました。塾生からは、「常に悩みの種だったので学ぶ機会が得られてありがたいです。」「人それぞれ性格、良いところ、悪い(乏しい)ところ、ちがいがハッキリしていた。そういったものだと改めて考えさせられた。」「交流分析をしてみて、自分のいろんな面を発見できてよかったです。」などの感想がありました。

〇平成28年1
1月のテーマは「宣言をしよう」でした。

「宣言とは“こうしたい・こうなりたい”ではなく、“私はこうする”と肯定的に断言をすることだ。」という塾長のアドバイスを基に、まずは昨年の振り返りをしてその上で、今年の目標を考えました。
「振り返る時にはダメだしをするのでなく、課題を見つけて改善策を見出す」ことや「目標や計画を長期的・短期的なものと設定することで“今自分は何をするのか”ということを意識付けることができる」など、目標達成に必要なことを学びました。
また、チャレンジの会では塾生提案で「カードを使ったしりとり」をやりました。
塾生からは「自分の過去をふりかえりそこから先の目標について宣言をすることについて学んだ」「去年1年を振り返ってみて、ちゃんと出来たことがあったので、良かった。」「自分では1年の振り返りをしてほめてあげたり、目標をたてたりすることがないのでいい機会になりました。」などの感想がありました。

〇平成27年12
12月のテーマは「続・声に出してみよう」でした。

塾長が持参した本の中から気に入った文章を探してそれを2人1組になってお互い音読し合ったり、「かるた」を参考に個々人がポジティブなれるキーワードを考えて発表したりしました。
チャレンジの会では、出題者に対して“YES”か“NO”で答えられる質問をしながら答えを導いていく推理ゲームをやりました。
塾長から「自分が感じたことを言葉にする。そして相手と意見や思いを交換し、違いを楽しむ。」「自分にとっての起爆剤のようなやる気の出る言葉を見つける。」などのアドバイスを頂きました。
塾生からは「読書をし合うことで、自分ではあまり理解できなかったことも理解できた。他の人の考えも知れ、自分でとじ込もっているよりも視野が広がった。」「ポジティブな言葉を声に出すと元気が出る。」との感想がありました。

〇平成27年11
11月のテーマは「『働く』を考える」でした。

「仕事は“できるかどうか”ではなくて“興味がわくかどうか”が大切」という塾長のアドバイスを基に、各グループで知っている「職業の名前」を紙に書き出してみたり、仕事を作業(どんな事をしているのか)と行為(サービス)に分けて考えたりしました。仕事を探すときには、「自分はどんな作業(行為)が好きなのか」ということに着目して探すなど、仕事選びのコツを学びました。
チャレンジの会では、出されたお題について声をださずにジェスチャーを使って表現する「ジェスチャーゲーム」や、歴史上の人物や場所について皆のヒントやキーワードを頼りにお題が何かを当てる「連想ゲーム」をやりました。
塾生からは「職業について考えるキッカケになりました。」「大まかに見ていた職業に細かに区分けがあることに気づかされた。」「塾生チャレンジということで、塾生提案によるゲームで交流ができて楽しかったです。」などの感想がありました。

〇平成27年10
10月のテーマは「悩みを交換する」でした。

「悩むことが辛いのではなく、その悩みを誰かに言えないことが辛いんだ」という塾長のお話しから、それぞれの悩みを紙に書きだして、皆でその悩みについて考え、励ましたり応援メッセージを書いて悩みを共有しました。
悩みを聞く時には、まず受け止める⇒理解しようとする⇒自分なりに応援することが大事。悩みのポイントがどこにあるかを考える事や、会話をするときの座る位置などについても学びました。
塾生からは、「自分と同じような悩みを持っている人がいるとわかるだけで、気持ちが楽になる」「人の悩みにふれるのは初めてでした。悩みに答えながら、私もいやされるかんじがしました。」などの感想がありました。
チャレンジの会では、各グループで1つのテーマについて議論し合う『ディベート』というワークをやり、それぞれ意見を言い合いました。

〇江戸川区民まつり《若者きずな塾 出展!》−平成27年10月11日−
若者きずな塾として区民まつりに2回目の出展をしました!
今回は“展示と交流”をテーマとし、塾生作のデッサン集を机に並べたり、来場者と一緒に絵を描いたり、折り紙を折ったりしました。また、来場者の方へアンケートを書いてもらうなど、多くの方との交流ができ、塾生にとって貴重な経験になったと思います。
来場された方からは「交流ができて良かった。」「出会いが人を作っていくと思います。沢山の出会いがありますように。」「優しく教えてくれてありがとう。」「若者たちが前向きに楽しんでいるのが伝わりました。」などといったメッセージや感想をいただきました。

〇平成27年9
9月のテーマは「落語から学ぶ伝え方」でした。

今月は日本の伝統芸能である落語を通して、コミュニケーションにおける話しのリズムやテンポ、間の取り方やしぐさなどのコツを学びました。
実際に落語家の金原亭世之介(きんげんていよのすけ)師匠をお招きして落語を聞くという貴重な体験もしました。
落語を初めて聞いたという塾生からは、「表情の豊かさと声の使い分けに驚きました」「とても話にひきこまれて楽しかったです」という感想がありました。
塾生チャレンジの会では「表現や発信をすることは、人と交流をするため」といった塾長のアドバイスを基に、10月11日に開催された区民まつりで多くの人に若者自身のことや、きずな塾を知ってもらうための自己紹介PRや塾のフレーズについて考えました。

〇平成27年8
8月のテーマは「声に出してみよう」でした。

紙に書かれたお題について、ジェスチャーを使って皆に表現してみたり、自分の思い(想い)や考え、気持ちを振り返り「現在・過去・未来」にそれぞれどんな自分がいるのかを「変化」に目を向けて考え、グループ内で発表し合いました。
塾生からは、「友人に声を掛ける時のヒントを得られた。」「自分の中で変化なんてあまりないと思っていたのですが、じっくり考えてみると小さな変化は見つけられるのだと感じました。」などの感想がありました。自分の思いを声に出すのは勇気がいることですが、それを言えたときどんなに楽になるかこのワークで体験できたようです。
今月の塾生チャレンジの会では、塾生からの提案で「ゼンタングル」を描いてみました。枠の中をオリジナルの模様で埋めていくといったワークです。塾長からは「正解よりも、自分の感性を重視してみよう。感性こそ個性で良い・悪いではない。自分と向き合って、そこでどう思ったのかが自分らしさになる。」といったお話がありました。

〇平成27年7
7月のテーマは「憧れについて考える」でした。

7日・18日の会では「自分にとっての憧れとは何か?」という問いかけから、具体的に憧れの人や人生、生活について考えてみました。塾長からは「憧れの人やものと向き合った時に、初めて自分を知ることができる。」というお話がありました。
また、25日の塾生チャレンジでは塾生からの提案で「未知のものへ挑戦する気持ちを克服するワーク」をやりました。「苦手・嫌い・自分から遠ざかっているもの」を全て書き出し、それぞれにメリットを見つけてやりたいと思ったことにチャレンジしてみよう!といった内容のワークです。
塾生からは「改めて自分の苦手なことを考える事ができてよかった。」「今後どのように立ち振るまう事が出来るかが見えた。」などの感想がありました。

〇平成27年6月
6月のテーマは「自分の事を知ろう」でした。

「人生や生き方を考える事でどんな働き方がいいかに繋がる」という塾長のアドバイスをもとに「価値観」について自分と向き合い、働く条件を色々な角度から考えました。
また、「過去・現在・未来」と時間軸で、自分を説明するためのキーワードや単語を考え、グループ内で今まで話せなかった事も含めて発表しました。
チャレンジの会では「自立」についてそれぞれ考え、意見交換をしました。塾生からは「考える機会がなかったので、貴重な場となった」「自分自身も変わらなければいけない」といった感想がありました。
塾長からは「今の自分の位置に良いも悪いもなく、ただそこからどうしたいかだ。他人の目や評価基準だけで動くのではなく、自分が人生の主役だから、怖がらないで自分を発信してみよう。」といったお話がありました。

〇平成27年5月
5月のテーマは「取材から学ぼう」でした。

5日・16日の会では、「誰かのために取材をする」ことについて考えてみたり、偶然ペアになった参加者同士の他己紹介やゲスト参加者への取材に挑戦。
「取材を通して相手に興味を持つこと、そして他人の感性や生き方に触れた時自分はどう感じるのか…そういうことが大切だ。」と塾長からお話がありました。
また、23日の「塾生チャレンジ(仮称)」では、「これからやってみたいこと」を更に考えていく時間にしました。どうすればきずな塾のことを周りの人に知ってもらえるか、塾生同士の関係性が深まるのかという点にも気をつけながら話し合いを進めました。

〇平成27年4月
4月のテーマは「再発見!江戸川区」でした。

自分が思う江戸川区の特徴・売り、紹介したいことを地図を用いて考えながら、江戸川区のキャッチコピーや宣伝・PR方法についてグループで意見交換しました。各グループからは「ゆるキャラマラソンをして動画でPRをする」「小松菜フラペチーノをつくる」「金魚すくい大会」など、ユニークな意見が出ました。また、4月から増設した会では、「塾生チャレンジ」と題して発表の場とし、みんなでやってみたいことを考え発表しました。
塾長からは「アイデアを考える時、実現可能かどうかは考えなくていい。工夫はどこにでもあふれている。」「アイデアには、こういう効果がある。こんなコンセプトがある。といったことを付け加えて話すといい。」とアドバイスをいただきました。

問い合わせ先

このページは生活振興部 地域振興課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る