このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

概要

更新日:2013年1月7日

1 概要

「工芸者と美大生が江戸川からこれからの伝統をデザインする」をコンセプトに、江戸川区の伝統工芸者と女子美術大学とが連携し、新しい伝統工芸製品を創る事業です。

特徴

伝統工芸を文化財保護的に捉えるだけでなく、一つの産業として捉え、市場ニーズに合った商品を開発するところに特徴があります。

背景

江戸川区の伝統工芸産業は、後継者の確保や販路の拡大等について困難な状況でした。
そこで、2002年(平成14年)7月に策定した江戸川区長期計画では、高度な技術と製品を次代に継承していくために、これまでの文化財保護的な支援に加え、新たな産業の育成に向けた取組を始めることにしました。
それが、「えどがわ伝統工芸産学公プロジェクト」です。

2 産学公それぞれの役割

産(伝統工芸者)

  • 商品としての製品開発を行う
  • 学生を共同開発者と考え、積極的なコミュニケーションによる製品開発を行う
  • プロジェクトへの主体的な参加(プロジェクトは、自分の商品の販売促進活動であるということを認識して、積極的に参加する)
  • 学生への技術指導
  • 学生のデザインを具現化する技術の考案、デザイン変更指示
  • 外注先・調達先の確保
  • 販売価格設定など

学(女子美術大学)

大学

  • 製品開発における専門的アドバイス
  • 参加学生への助言及び指導

学生

  • 柔軟な発想と感性による新しい製品アイデアの提案
  • 責任感と積極性のある共同開発者
  • 商品パッケージ等の提案

公(江戸川区産業振興課)

  • 事務局として、産学の連携をスムーズにするための支援
  • 選考会等のスケジュール調整及び会場設営
  • 事業費の確保・支出

3 契約関連

このプロジェクトでは、3つの契約を結んでいます。

共同開発に関する協定

  • 当事者:伝統工芸者、大学、江戸川区
  • 内容:プロジェクトの全体事項を定める

知的財産に関する覚書

  • 当事者:伝統工芸者、大学、江戸川区
  • 内容:知的財産権について定める。知的財産権は伝統工芸者と学生の共有とする。

実施権許諾契約

  • 当事者:伝統工芸者、学生
  • 内容:共同開発した製品の独占販売に関する3年間の契約。実施料として、販売金額の数%を工芸者から学生へ支払うことを規定。

4 年間スケジュール

次のスケジュールで製品開発及びPRを行っています。

  • 参加学生募集・工芸者とマッチング (4月〜5月)
  • 学生が新製品のデザインを提案(6月〜7月)
  • 試作品製作・外注先選定・販売価格設定 (7月〜12月)
  • 新作発表 (翌年1月)
  • 商談会 (翌年2月 東京インターナショナル・ギフト・ショー)

問い合わせ先

このページは生活振興部 産業振興課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

概要と沿革

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る