このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

漆芸 山口敦雄 漆芸について

更新日:2009年1月15日

日本における漆工の歴史は大変古く、数千年前の縄文時代にまで遡ります。
貝塚から発掘された、土器や木器に塗られた漆は、数千年を経た現在でも見事な肌を保ち、その耐久性の高さを示しています。
現在の漆の技法は、大陸から仏教文化の伝来とともに、シルクロードを経て日本に伝えられたとされています。法隆寺に残る玉虫厨子や、正倉院の唐太刀等からもそれを窺い知ることができます。
陶器を英語で「china」というのに対して、漆器は「japan」と呼ばれます。
中国から伝えられた漆塗りの技術は、日本で大きく開花し、中国のそれを大きく凌ぐまでになり、世界に通用する、日本を代表する文化にまでなったのです。
一時期、プラスチック等の合成樹脂を使った安価なイミテーション漆器製品が大量生産されたことにより、本物の漆器の存在が危ぶまれたこともあります。
しかし、現在では化学製品の危険性が叫ばれる中、環境に優しい、天然素材の塗料として漆が再び見直されてきています。

問い合わせ先

このページは生活振興部 産業振興課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る