このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

募集内容について

更新日:2012年6月15日

提案募集箇所案内図

構想及び現況写真

人道橋(7)

江戸川区江戸川五丁目38番、東葛西一丁目13番地先

  • 木装橋
  • 外観・仕様については別紙意匠図参照

提案対象について

 提案対象については、橋梁部及び斜路部・階段部とします。

  • 1.橋梁部については、主桁を鋼製もしくはコンクリート製とした木装橋とすること。
  • 2.使用する木材については、荒川流域・利根川流域の秩父広域森林組合・利根沼田森林組合及び東京都森林組合の木材を使用すること。
  • 3.本事業は社会資本整備総合交付金対象事業とする。

提案内容

 区で配布する人道橋の高欄及び上部修景等に関する意匠図に基づき、下記について、幅広く提案を募集いたします。

(1)提案企画書

  • 1.施工価格、設計内容
  • 2.工程表、概略構造計算書、施工計画書、維持管理計画書
  • 3.概算工事費内訳書、主要材料品調書、仕様書

(2)一般図(平面図、側面図、縦断図、上部工断面図、下部工正面図、斜路工標準断面図)

(3)イメージパース(視点は下記のパースを参考にしてください)

区の提示する資料について秘密保持の誓約をして頂きます。

施工条件

〔人道橋〕

<断面図>(予定)

  • 施工時間:昼間施工
  • 施工期間:平成25年3月までに着手し、10ヶ月以内。

本工事は特記仕様書のほか、東京都土木工事標準仕様書によること。

提案条件

(1)各種基本事項
工種 細目 基本事項
共通事項 木部 ささくれ、滑り等の対策について検討すること。
経済性 経済性を考慮し、コスト縮減に努めること。
構造等 道路橋示方書に準ずる。
維持管理 防腐処理の材料及び方法、部材の交換、点検等の措置を盛り込んだ維持管理計画書を作成すること。
上部工 構造及び材料 設計条件は下記のとおりとすること。
  形式 : 単径間橋
  活荷重
    5.0KN/u(床板)
    3.5KN/u(主桁)
  高欄
    2.5KN・m(水平方向)
    1.0KN・m(鉛直方向)
 
主桁材料については鋼製またはコンクリート製とする。
立体横断施設技術基準(最新版)を準用すること。
下部工 構造 既設護岸部復旧については、一軸圧縮試験qu=65KN/u以上にて埋戻すこと。
斜路工 斜路 有効幅員は2.0m以上とすること。
(遊歩道からのアンダーパスは設置しない。)
擁壁は石積または石張を使用し、景観に配慮すること。
斜路勾配は5%以内とし、計画地盤まですりつけること。
東京都福祉のまちづくり条例を遵守すること。
護岸への影響は上載荷重27.5KN/u以下とする。
転落防止柵 両側に木製転落防止柵を設置することとし、規格は上部工高欄に準用する。
景観 上部工と調和のとれた景観とすること。

評価の視点

  • (1)経済性及びコスト縮減(60ポイント)
  • (2)施工計画(工事工期、その他)(10ポイント)
  • (3)景観性(桁厚とバランス、その他)(10ポイント)
  • (4)強度、耐用年数(10ポイント)
  • (5)維持管理計画(耐用年数の延伸措置を含む)(10ポイント)

合計100ポイント


(2)発注予定金額について
1橋当り100,000,000円程度とします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは土木部 街路橋梁課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る