このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

11月は児童虐待防止推進月間です

更新日:2017年11月1日


児童虐待の件数が年々増加し、子どもの生命が奪われる事件も発生するなど、その内容は深刻化しています。虐待は、子どもの心身の成長や人格の形成に重大な影響を与えるため、社会全体で解決しなければならない重要な課題です。区では子どもに関わる機関がネットワークを組み、区をあげて児童虐待防止の取り組みを強化しています。区民の皆さんと共に、早期の発見・対応に努め、児童虐待のないまちを目指していきます。

虐待防止月間チラシ

平成29年度「児童虐待防止推進月間」標語

「いちはやく 知らせる勇気 つなぐ声」

児童虐待防止オレンジリボンキャンペーン

オレンジリボンには子ども虐待を防止するというメッセージが込められています。

児童虐待防止のシンボルである「オレンジリボン」啓発用物品を、健康サポートセンターでの健診・予防接種、小学校の就学時健診、各子育てひろばにおいて配布します。

タワーホール船堀展望塔をオレンジ色にライトアップ

 児童虐待防止のシンボルであるオレンジリボンにちなみ、タワーホール船堀をオレンジ色にライトアップします。

  • 日時 11月1日 (水曜日)〜15日(水曜日)の午後5時〜10時

 

ご近所の皆さんの気づき・発見が虐待を防ぐ第一歩になります!

児童虐待は、保護者の子育ての悩みや家族の問題、経済的な不安、地域社会からの孤立によるストレスなどがきっかけで起こりますが、保護者自身が悩んでいる場合もあります。周囲の人からの温かい言葉かけが家庭の大きな支えになります。子育ての苦労や大変さをよく聴き、保護者と子どもに寄り添う気持ちが家庭の孤立感を減らし、虐待の芽を摘んでいきます。

気になる子どものサイン

・顔や体に不自然なあざや傷がある
・いつも同じで汚れた服装や季節外れの服装をしている
・家の外に長時間一人でいるなど

このような子どものサインに気づいたら、優しく声をかけて、子どもの話をよく聴きましょう。相談機関へもご連絡ください。

「児童虐待かな?」と思ったら、すぐにご相談ください!

「虐待を受けているのでは?」と思う子どもを見つけたとき、「イライラして子どもを虐待してしまいそう」と悩んでいるとき、下記の相談・連絡先までお電話ください。匿名の連絡・相談でも結構です。連絡者や連絡内容に関する秘密は守られます。

児童虐待に関する相談 (リンク)

問い合わせ先

このページは子ども家庭部 子ども家庭支援センターが担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る