このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

不登校でも学校のことは知りたい

更新日:2009年1月22日

学校に行かなくなってしばらくたつと、子どもの状態が安定してくることがあります。趣味を楽しんだり、家族と普通に会話ができたりするようになります。
親が学校の話をすると黙ってしまったり、人や物に当たったりする場合は、もう少し子どもの辛さに共感することが必要でしょう。しかし、学校の話をしても嫌がらなかったり、担任の先生の家庭訪問に応じたりするようになったときには、少しずつかかわりを変え始めてもよいのかもしれません。
この時期の子どもの中には、「学校は嫌い」と言いながらも、現在の学校の様子を知りたいと思っている子もいます。もし、そうしたそぶりが見られたら、担任の先生との電話や家庭訪問を通して学校の様子を聞き、子どもの様子を見ながら情報を伝えてみてはいかがでしょうか。例えば、その子の好きな行事の準備が今こういう段階であるとか、その子の仲の良い友達は今こんなことに興味があるみたいだなど、その子にとって負担の少ない話題を選ぶとよいでしょう。
学校に行かない日が続くと、学校とのつながりが薄れがちになります。それが安心感につながる時期もありますが、反対に、もの足りなさや寂しさにつながる時期もあります。
学校とのつながりが薄れないよう、言わば子どもと学校との「橋渡し」をすることも大切なことだと思います。

「広報えどがわ」平成18年10月1日号に掲載されました。

問い合わせ先

このページは教育委員会事務局 教育研究所が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る