このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

共育プラザ 防災フェス2017

更新日:2017年12月20日

共育プラザ防災フェス2017 報告

平成29年11月25日(土曜日)から11月26日(日曜日)の1泊2日で、「共育プラザ防災フェス2017」が開催されました。
参加した中高生たちは、会場である共育プラザ一之江で「避難所設営・宿泊体験」「防災ゲーム」「消火活動やAED体験訓練」を行いました。
また、25日の夕食時に一之江なんぶひろばで炊き出し訓練を行った際には、地元町会の皆さんが温かい豚汁を作ってくださいました。
2日間でしたが、参加中高生たちは防災について学び、考え、楽しみながらも得たものは大きかったようです。

体験活動の様子

参加中高生の学びと感想

防災フェスで学んだこと

  • 自分たちでもやれることはある
  • 段ボールの大切さや身近なもので寝泊まりできるコツ
  • 炊き出しの仕方
  • 命の大切さや人助けについて
  • 集団行動の大切さや被災時に必要なこと (今回は班に分かれて行動した)
  • 被災者の苦労。寒い中、頑張って生活し、節約などをしなければならなかったこと
  • 被災者の苦悩や不安などは、実際に体験しなければわからないということ
  • 被災時は大変だが、その中でも楽しみを見つけることができること。みんなで工夫し、生活すれば楽しいこともあること

感想

  • 学んだ知識は友達に広めて、いつ災害が起こってもいいようにしようと思った
  • 実際に起きたらすごく大変だし、不安になると思う。でも学んだことを少しでも活かせればと思った
  • 集団行動の大切さを学んだ。災害ボランティアに積極的に参加したい
  • 今までやってこなかったことが沢山あった。活かしたい
  • 自分が置かれている状況が恵まれていることに気づいた。日々感謝しながら生活していく
  • 貴重な経験ができた。楽しくもあった
  • 実際に災害があったら、自分ができることをやりたい

※類似内容は纏めて記載しています

共育プラザ 防災フェス2017

いつか必ずやって来る災害。
災害時には、「自分の命は自分で守る力(自助)」と「地域と協力して乗り切る力(共助)」が大切です。
今年の防災フェスは、江戸川区の避難所補完施設である共育プラザに宿泊し、避難所生活の大変さも実体験を通して学びます。
防災公園「一之江なんぶひろば」でかまどベンチを使っての炊き出し訓練も行います。

ポスター

イベント情報

日時

平成29年11月25日(土曜日)午後1時30分から11月26日(日曜日)午前10時まで

会場

共育プラザ一之江(江戸川区一之江3丁目13番7号) 
一之江なんぶひろば (共育プラザ一之江近隣)

対象者

中学生・高校生及び18歳になる年度末までの人(先着50名)

申込

各共育プラザ
このイベントは終了しました。

費用

無料

主な活動内容

「一之江なんぶひろば」での炊き出し訓練や非常食の試食
避難所補完施設である共育プラザでの宿泊体験
防災ゲームや体験訓練 など

主催

共育プラザ6館

協力

日本防災士会江戸川支部
一之江南部町会

問い合わせ先

このページは文化共育部 健全育成課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る