このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

財政指標等

更新日:2014年2月19日

(1)実質収支比率

実質収支比率は6.1%、0.1ポイント上昇

 地方自治体の黒字又は赤字の率を示す実質収支比率は、一般的に3〜5%程度が望ましいとされています。本区の場合、前年度を0.1ポイント上回る6.1%となり、23区平均をやや上回る水準となっています。

第6表 実質収支比率の推移
区分 平成18年度 平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 増減
実質収支 A 6,339 7,233 6,882 9,583 9,383 -200
標準財政規模 B 149,759 164,928 165,103 159,441 152,752 -6,689
実質収支比率
 A/B
4.2% 4.4% 4.2% 6.0% 6.1% 0.1ポイント
23区平均  5.9% 5.3% 5.3% 5.0% 4.1% -0.9ポイント

(単位:百万円)
※区分毎に表示単位未満を四捨五入しました。したがって、増減等の計算が合わない場合があります。

(2)経常収支比率

経常収支比率は83.0%、3.1ポイント上昇

 財政の弾力性を示す指標である経常収支比率は、前年度を3.1ポイント上回る83.0%となりました。これは、分子となる扶助費や物件費などが2.0%の増であるのに対し、分母となる特別区民税などが1.9%の減となったためです。
 なお、経常収支比率の適正水準は一般的に70〜80%とされています。

第7表 経常収支比率の推移
区分 平成18年度 平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度
江戸川区 70.2 70.2 71.2 79.9 83.0
23区平均 73.0 75.3 76.1 82.1 85.7

(単位:%)

(3)公債費比率

公債費比率は1.3%で極めて良好な水準

 平成18・19年度に行った地方債の繰上償還の効果により、前年度を0.1ポイント下回る1.3%となりました。23区平均と比較しても3.8ポイントも低くなっています。

第8表 公債費比率の推移
区分 平成18年度 平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度
江戸川区 4.8 3.0 1.4 1.4 1.3
23区平均 6.8 6.4 5.5 5.4 5.1

(単位:%)

(4)地方債現在高(区の借金)

平成10年度をピークに12年連続マイナス

 地方債の平成22年度末現在高は18,367百万円で、前年度に比べ164百万円(-0.9%)の減となりました。
 平成18・19年度に行った繰上償還の効果もあり、ピークであった平成10年度の86,620百万円に比べ、68,253百万円(-78.8%)減少しました。

第9表 地方債現在高の推移
平成18年度 平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 増減
35,102 19,154 18,906 18,531 18,367 -164

(単位:百万円)
※区分毎に表示単位未満を四捨五入しました。したがって増減等の計算が合わない場合があります。

(5)積立金現在高(区の貯金)

積立金現在高は105,089百万円、1,790百万円の増

 積立金の平成22年度末現在高は、基金取崩額の圧縮を図ったことから、前年度に比べ1,790百万円増え、105,089百万円となりました。今後も小中学校の改築等への対応のため、計画的な積み立てを行っていきます。

第10表 積立金(基金)の推移
平成18年度 平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 増減
89,297 91,634 104,336 103,299 105,089 1,790

(単位:百万円)
※区分毎に表示単位未満を四捨五入しました。したがって、増減の計算が合わない場合があります。

問い合わせ先

このページは経営企画部 財政課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る