このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年就業構造基本調査にご協力ください

更新日:2017年9月25日

平成29年10月1日を調査期日に、平成29年就業構造基本調査が行われます。

就業構造基本調査とは

 就業構造基本調査は、就業・不就業の実態を様々な観点からとらえ、我が国の就業構造を全国だけでなく、地域別にも詳細に明らかにし、国や都道府県における雇用政策、経済政策などの各種行政施策立案の基礎資料を得ることや、学術研究のための利用に資することなどを目的として実施します。

調査対象地域について

 この調査は抽出調査です。「平成27年国勢調査」の調査区のうち、総務大臣が指定した調査区を統計理論に基づき全国から無作為に選んでいます。
 江戸川区の場合、世帯数約33万7千世帯のうち、約4千5百世帯が今回は選ばれています。

調査からわかること

  • 正規・非正規雇用者の年間収入階級別構成比
  • 15歳〜34歳の有業者の職業別転職希望者割合
  • 60歳〜64歳人口に占める有業者の割合     など

 また、雇用に関する各種政策の立案や、育児・介護と就業の両立支援等の政策の基礎資料として幅広く使われています。

調査方法

 「調査員」(都道府県知事によって任命された地方公務員)が、調査対象地域の確認や、実際に調査世帯をお伺いし、調査の依頼をします。
 調査員は調査員証を携帯しています

調査の流れ

(1)調査対象地域の各世帯にオレンジ色の『調査紹介リーフレット』を1枚配布します。
(2)1調査区約60世帯の中から無作為に選ばれた約15世帯が調査対象です。
(3)抽出された世帯に調査票記入のお願いにお伺いし調査票をお渡しします。
インターネットによる回答もできます。各世帯にインターネットIDが8名分まで記載された「インターネット回答のための操作ガイド」を配布しますので、ご利用ください。(インターネットによる回答期限は10月9日まで)
(4)後日、調査票の回収にお伺いします。
記入済みの調査票はお渡しした『調査票配布用封筒』に入れて、調査員に提出してください。

<お渡しする調査用品>

  • 依頼状
  • 調査票の記入のしかた
  • 調査票(世帯に居住する15歳以上の方の人数分。不足する場合はご連絡ください。)
  • インターネット回答のための操作ガイド

以上のものを『調査票配布用封筒』に入れてお渡しします。

世帯の方が留守だった場合は、『連絡メモ』を投函させていただく場合があります。『連絡メモ』には、次回訪問予定日、連絡先等が記入されています。調査員へのお問合せは統計係までご連絡ください。

インターネットによる回答について

 調査の回答方法として紙の調査票提出の他に、インターネットでの回答も選択していただけます。
 インターネットで回答いただく場合は、『インターネット回答のための操作ガイド』を使用してください。インターネット利用者IDは8名分記載されていますので、インターネットによる回答を行う際には、調査対象になっている各世帯員の方が、記載されている8名のIDのいずれかをそれぞれ使用して回答してください。

回収について

 調査票の記入をお願いした際に配布した封筒に調査票を入れて、セロハンテープなどで封をして提出することが可能です。
 その場合、調査員は開封せず、そのまま市区町村へ提出します。

回収後について

 みなさまから回収した調査票は、調査員が江戸川区に提出し、江戸川区から東京都へ、東京都から国(総務省統計局)へ提出します。

調査票や調査内容についての保護

 就業構造基本調査は、国が実施する統計調査のうち、統計法により特に重要なものとされる「基幹統計調査」です。統計法では、基幹統計調査の対象となられた方には報告の義務を、また、調査を実施する関係者には、調査によって知ったことを他に漏らしてはならない義務を規定しています。さらに、これらに反したときには罰則が定められています。なお、調査への回答内容を統計作成の目的以外に使用することは絶対にありません。調査票は厳重に管理され、統計を作成後は溶解処分いたしますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

かたり調査にご注意を

 調査時期になると、調査員を装い調査票をだまし取ったりする、いわゆる「かたり調査」が発生する場合がございます。実際に訪問する調査員は、『調査員証』を所持しております。『調査員証』には写真、氏名等が記入・貼付してありますので、確認をしてください。また、調査員を名乗った不審な訪問等がありましたら、江戸川区経営企画部広報課統計係までご連絡ください。

平成29年就業構造基本調査についてのお問合せ先

調査票への記入の仕方・インターネット回答の仕方・調査の趣旨等のお問合せ

総務省統計局コールセンター
電話:0570-07-1937
設置期間:8月25日(金曜日)〜10月26日(木曜日)まで
受付時間:午前8時から午後9時(土曜日・日曜日、祝日も利用可能)

調査票の追加請求および回収についてのお問合せ

江戸川区経営企画部広報課統計係
電話:03-5662-6169
受付時間:平日 午前8時30分から午後5時まで
ただし9月23日(土曜日・祝日)から10月1日(日曜日)の期間については、
平日 午前8時30分から午後7時まで、
土曜日・日曜日 午前9時から午後5時まで

就業構造基本調査の詳しい説明や調査結果について

総務省統計局ホームページ
東京都の統計 都民の就業構造(就業構造基本調査報告)

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る