このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年8月07日 五輪公式グッズ商店街で販売開始

更新日:2017年8月7日

”身近な商店街から2020東京大会を盛り上げる”

 2020年東京五輪では、カヌー・スラローム競技が開催される江戸川区。大会の機運を盛り上げようと、江戸川区商店街連合会(会長:松本勝義)では、東京2020公式オリジナル商品の販売を始めました。機運醸成の一環で、商店街が五輪公式グッズの販売を展開することは全国的にも珍しい取り組みとなります。
 区では2017年7月、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の成功と開催を契機とした地域の更なる発展のため、町会連合会や商工会議所、法人会など56団体でつくる「江戸川区オリンピック・パラリンピック区民連絡会」を発足。区民や関係団体など区を挙げた協力体制を構築するとともに、機運醸成に向けた地域での自主的な取り組みを推進しています。
 一方、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は2017年7月、「東京2020参画プログラム」の対象を拡大。認証を受けた商店街などの非営利団体は、これまで知的財産のため自由に使うことが出来なかった「オリンピック」、「東京2020大会」等の文言や応援マークを使用することができるようになりました。同プログラムは地域主体の取り組みを促進し、大会を盛り上げることに寄与しています。
 こうした中、区商店街連合会では、区民に身近な商店街として3年後に迫る東京2020オリンピック・パラリンピックを、いかに盛り上げることができるかを検討。区内では大型店舗での取り扱いのみとなっている五輪公式グッズの販売に乗り出しました。京成小岩駅近くにある京成小岩商栄会の「トート家電(北小岩6)」では、店頭でエンブレムをあしらったピンバッジ(648円/税込み)やポロシャツ(3,240円/税込み)などを販売。さっそく商店街の利用客などが足を止め、土産物としてピンバッジやストラップ(1,296円/税込み)を購入するなど売れ行きは順調で、大会開催の認知度を高める効果を生んでいます。現在、同連合会では区内の6支部に働きかけるとともに販売店を募集中。区内全域に拡大を図る予定です。同連合会松本会長は、「区民みんなが全力で応援できるように、東京2020大会を商店街から盛り上げていきたいです」と話しています。
 区オリンピック・パラリンピック推進課吉澤太良課長は、「大会成功はもちろん、『地域の更なる発展』というレガシーをいかに残すことができるかが課題。地域力を生かした区民の皆様の主体的な取り組みを支援していきたいです」とコメントしました。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る