このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年8月02日 「らくごワークショップ2017発表会」 6日開催

更新日:2017年8月2日

「落語」を学んだ27名がその成果を披露

 故・八代目橘家圓藏さんにより育まれた江戸川区の落語文化。江戸川区総合文化センター(中央4丁目)では今月6日、圓藏さんの弟子として活躍する橘家仲蔵さんから落語を学んだ「らくごワークショップ2017」の参加メンバー27名がその成果を披露する「らくごワークショップ2017発表会」を開催します。主催は、江戸川区及びサントリーパブリシティサービスグループ(区総合文化センター指定管理者)。
 「らくごワークショップ」は、故・八代目橘家圓藏さんの活躍で広く親しまれるようになった落語を子どもたちにも親しんでもらおうと、平成19年にスタートした事業。区民らの要望を受け、平成21年には大人も参加できるよう対象を拡大しました。開講するコースは、オチのある話し方や扇子や手ぬぐいなどの小道具を使った仕草などを学ぶ初心者向けの「大喜利コース」と、噺を覚えて高座での発表を目指す経験者向けの「高座コース」の2つ。いずれも橘家仲蔵さんが講師を務めており、今年は小学3年生から70歳までの27名が参加しました。
 6日に開催される発表会では、大喜利コースで学んだ11名が小噺やなぞかけを披露。高座コースで学んだ16名は、前座噺として知られる「平林」やそばをすする音が醍醐味の「時そば」などそれぞれが選んだ噺を独自の演芸で披露します。当日は、講師である橘家仲蔵さんによる高座も。入場は無料です。

らくごワークショップ2017発表会

【日時】平成29年8月6日(日曜日)午前11時30分〜午後4時00分(予定) 午前11時00分開場
【会場】江戸川区総合文化センター 小ホール(中央4丁目14番1号)
【主催】江戸川区・区総合文化センター指定管理者サントリーパブリシティサービスグループ
【出演】らくごワークショップ2017参加者27名、橘家仲蔵
【内容】橘家仲蔵さんによる落語、大喜利コース・高座コース発表 等
【入場料】無料
【問合せ】江戸川区総合文化センター 電話:03-3652-1111

当日の取材をご希望の報道機関の方は、報道係(03-3652-0652)までご連絡をお願いします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る