このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年7月03日 建設業者らが区内126保育所に七夕用の笹を寄贈

更新日:2017年7月3日

軒端に揺れる短冊に願いを込めて

 7月7日の七夕を前に、区立大杉保育園(大杉1)ではきょう(3日)、東京土建江戸川支部(執行委員長:成田洋一/大杉2丁目)が子どもたちの健やかな成長を願って用意した「七夕用の笹」の贈呈式が行われ、同支部のメンバーや園児ら約130名が参加しました。
 東京土建江戸川支部は区内の建設業者らで構成された労働組合で、現在約9,200名が加入。同団体が主催するイベントだけでなく、地域で開催されるまつり等に参加し住宅の耐震化や増改築など住まいの相談を受けたり子ども向けの木工教室を行ったりと、地域活動にも積極的に取り組んでいます。
 同支部では、平成14年から区内の保育所に笹を寄贈。間伐により不要となった竹を活用してもらおうと七夕の時期に合わせて贈りはじめたもので、寄贈前日に市原市の竹林で伐採し子どもたちに届けています。スタート時は87施設だった寄贈先も、保育所の要望等を受け今年は126施設分を準備。「子どもたちの喜ぶ顔が見たい」と、30名のメンバーが一日がかりで伐採・運搬を行い、約150本を用意しました。伐採後は竹全体に水をかけて作業所で一晩保管。少しでも青く瑞々しい状態で手渡そうと、今朝も全体に水を与え、トラック5台に分かれて保育所を回ります。
 きょう大杉保育園で行われた贈呈式では、初めに園児らが「七夕の歌」を披露し、支部メンバーの来園を歓迎。続いて、同支部の津端秀雄副執行委員長が「皆さんの願いがかないますように」とあいさつを行い、代表園児らに笹を手渡しました。笹を見た園児からは「わぁー!」「大きい!」などと歓声が上がり、園児らは願いを書いた短冊や折り紙で作った織姫、彦星など色とりどりの七夕飾りを笹に結び付けました。笹の御礼として用意されたのは、手作りの手ぬぐい。園児らは「ありがとうございました」と大きな声で御礼の言葉を伝えながらメンバーひとりひとりの首に手ぬぐいをかけていきました。
 式典終了後、笹を積載したトラックは園児らに見送られながら他の保育所に向け出発。用意された笹は、きょう一日をかけて各施設に配られます。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る