このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年6月01日 区施設のレストランに祝・高安関 大関昇進記念メニュー登場

更新日:2017年6月2日

コシの強いシコシコ(四股四股)食感!

 平成生まれの日本出身力士として、初の大関に昇進した高安関(田子ノ浦部屋(東小岩4))。区民施設「グリーンパレス(松島1)」内にある「レストラングリーンパレス」では、高安関の大関昇進を祝うとともに田子ノ浦部屋を盛り立てようと、きょう(6月1日)から昇進記念メニュー「大関昇進小松菜うどん(税込:750円)」の提供を始めました。
 高安関は、先月28日に千秋楽を迎えた大相撲夏場所で11勝し、直前の3場所で34勝をマーク。昇進の目安とされた33勝を上回り、昨日(5月31日)行われた昇進伝達式では「正々堂々精進します」と口上を述べました。区内では、4カ月前に横綱に昇進した稀勢の里関に続く快挙に、同部屋がある小岩をはじめ各地で喜びの声が上がっています。
 グリーンパレスは会議場や宴会場・レストラン等を備えた区民施設。1階にあるレストランでは、区内で活躍するスポーツ選手等を応援しようと、過去にもさまざまなメニューを提供してきました。関東一高(松島2)硬式野球部の甲子園出場時には、ゲン担ぎの「カツ」と応援募金をセットにした必勝応援メニューを用意。高安関の兄弟子である稀勢の里関(田子ノ浦部屋)の横綱昇進時には、関取にとってのおふくろの味である「のっぺい汁」を使った「綱取り定食」を提供するなど、確かな味とユニークなネーミングのメニューで地元を盛り上げてきました。
 今回のメニューは、区特産の小松菜を練り込んだコシが強い麺を使った「冷やしうどん」に「いなり寿司2個」、「温泉卵」をセットし、税込750円で提供。小松菜の風味がほのかに感じられる緑の色鮮やかな麺は、太さ4〜5ミリ程度の細麺で、子どもや高齢者でも食べやすいよう23cm程度と短め。小松菜は「アグリ・フェスタ・トウキョウ(現:東京都農業祭)」農産物品評会で農林水産大臣賞を受賞した小松菜名人の真利子伊知郎(松本2/区農業経営者クラブ会長)さんが生産したものをパウダー化し使用しています。
 同施設の支配人・鈴木崇弘さんは「コシの強いシコシコ(四股四股)の食感がウリ。野菜嫌いを克服したと言われる高安関のように、野菜嫌いの子どもたちにも是非食べてもらい、大関のように強く大きく成長してほしい」と言います。ランチで同メニューを味わった70代の女性は「コシがあっておいしい」と言い「稀勢の里の横綱昇進と言い、区内でおめでたい話が続いて嬉しい。これからの活躍がまた楽しみですね」と話していました。
 「大関昇進小松菜うどん」は、ランチタイム(午前11時〜午後3時)のみ提供。1日10食限定で8月31日まで販売される予定です。

※高安関の「高」ははしごだか

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る