このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年5月31日 江戸川区スポーツチャレンジデー開催

更新日:2017年5月31日

勝利に向け住民総参加で運動・スポーツにチャレンジ!

 1日に15分以上の運動やスポーツを行った住民の数(参加率)を自治体間で競い合う「スポーツチャレンジデー」。住民の継続的な健康づくりや運動・スポーツ参加を促進しようと、江戸川区ではきょう(31日)スポーツチャレンジデーを開催し、区内の小・中学校や商店街、事業所などさまざまなところで住民らが運動・スポーツに取り組んでいます。
 スポーツチャレンジデーは、午前0時から午後9時の間に継続して15分以上の運動やスポーツを行った住民の数を人口規模がほぼ同じ自治体間で競い合うもので、(公財)笹川スポーツ財団が主催。今年は初参加の10市区町村を含む128自治体が参加します。秋田県秋田市、山口県下関市の2市と三つ巴の争いで勝利を目指す江戸川区では、一人でも多くの住民ら参加を呼びかけようと、区内のさまざまな団体が地域の特性等を活かした取り組みを計画。区施設や区立小・中学校だけでなく、商店街や区内事業者などが一体となってプログラムを用意し、本番に向け準備を進めてきました。
午前9時から区総合体育館で行われたオープニングセレモニーでは、多田正見江戸川区長が「挑戦するからには絶対に勝たなければなりません」と意気込みを語り、参加者に向け「皆さん、頑張りましょう!」と熱く呼びかけました。
 平井親和会商店街ではオープニングセレモニーに先立って午前8時からウォーキングイベントを開催。会場にはチャレンジデー大使で元プロ野球選手の青島健太さんも駆けつけ、同商店街のマスコットキャラクター「こーた」とともに周辺の企業や商店の従業員、地域住民ら200人がJR平井駅から南へ延びる商店街約500メートルを歩きました。ゴール地点では、参加特典として用意された区特産の小松菜を使ったスムージーが提供され、参加者は額の汗を拭いながら喉を潤していました。
 社会福祉法人江東園では、区内で運営する福祉施設等の利用者や地域住民らを対象に10カ所で軽運動などを実施し、計623人が参加。東部公園を会場に行われたプログラムでは、同法人の養護老人ホーム利用者や保育園児、地域住民などが一緒になってバランス運動やボール投げなどを約1時間行い、汗を流しました。きょうのプログラムを心待ちにしていた施設利用者の女性は「子どもたちとふれ合うと、本当に元気がもらえる」と満面の笑みを浮かべ「外の空気にふれながら身体を動かすことができ、気持ちよかった。きょうは勝てると良い」と話しました。
 午後1時現在の江戸川区内の参加率は5.7%(参加者数:39,644人、人口:691,559人)。秋田市は4.8%(参加者数:15,183人、人口:314,597人)、下関市は2.6%(参加者数:7,033人、人口:269,198人)で江戸川区がリードしています。区内各所では、引き続き午後9時まで区民らのチャレンジが続きます。
 きょうの対戦結果(参加者数・参加率)は、午後10時30分頃に「チャレンジデー2017特設サイト(http://www.my-ssf.com/cdresult/)」で発表。勝負に負けた自治体は対戦相手の健闘を称え、あす(6月1日)から7日まで、相手自治体の旗を庁舎のメインポールに掲揚する予定です。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る