このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年4月04日 おそとで・おうちで実践!30・10運動 毎月10日・30日には「食べきりレシピ」も

更新日:2017年4月4日

江戸川区版30・10運動で食品ロスの更なる削減を目指す

 宴会での食べ残しや食材の過剰除去などによる食品ロス削減に向け、各地で取り組まれている「30・10(さんまるいちまる)運動」。江戸川区では、宴会や家庭などで排出される食品ロスの状況を区民らに再認識してもらうとともに、削減に向けての意識をさらに高めてもらおうと、今年度から江戸川区版30・10運動「おそとで・おうちで実践!30・10運動」をスタート。野菜の茎や皮等これまで捨てていた食材を余すことなく活用してもらおうと、毎月10日と30日には「食べきりレシピ」を区ホームページで公開し、食品ロスの更なる削減を推進します。
 農林水産省によると、消費者の過剰購入や食品流通における商習慣等が原因で、本来は食べられるのに廃棄される「食品ロス」は年間約632万トン(平成25年度推計)。うち、302万トンは、食べ残しや食材の過剰除去など家庭から排出される廃棄物であり、現在、食品ロス削減国民運動「NO−FOODLOSSプロジェクト」を展開しながら、食品ロス発生の段階別にモデル的な削減の取り組みを支援し、一人ひとりの意識・行動改革を推進しています。
 江戸川区では、平成28年度から「えどがわ食べきり推進運動」を実施。未使用食品の有効利用を目的とした「フードドライブ」や食品ロス削減に向けて取り組む飲食店等を推進する「食べきり推進店」の登録など、区内で年間約2万トンとされる食品ロスの削減に向け、さまざまな取り組みを展開してきました。 食品ロスの更なる削減を目指して今回新たにスタートする江戸川区版30・10運動では、宴会版の「おそと」と家庭版の「おうち」の2つのシチュエーションで取り組みをPR。「おそとで実践!30・10運動」では、宴会開始後30分と終了前の10分間は席の料理を楽しんでもらうため「宴会版30・10運動マニュアル」や「卓上POP」、「コースター」のモデルを作成し、今月3日から区ホームページ上で公開。無料でダウンロードすることができ、会社の歓迎会などですぐにでも取り入れることができます。また、「おうちで実践!30・10運動」では、毎月30日を「冷蔵庫クリーンアップデー」として冷蔵庫内の野菜や肉類など傷みやすい食材の積極的な活用を促進。毎月10日は「もったいないクッキングデー」として野菜の茎や皮等これまで捨てていた食材の活用を促します。食材の活用促進にあたっては、それぞれの日に「食べきりレシピ」を区ホームページ上で公開。初回となる今月10日のレシピは、人参や大根の皮、椎茸の石づきを使った「皮なし皮入りソーセージ」で、普段は捨ててしまいがちな部分を大いに活用し、誰でも短時間で簡単に調理できる内容となっています。
 区環境部清掃課の担当者は、「「30・10運動」を通じて、宴会や家庭で発生する食品ロスに関心を持っていただき、区民・「食べきり推進店」などの事業者・区の3者が一体となって食品ロスを減らしていきたい」と話しています。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る