このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年2月20日 戸籍証明書のコンビニ交付 今月27日から

更新日:2017年2月21日

23区初!住所地が江戸川区外でも戸籍証明書の取得が可能に

 マイナンバー制度に合わせて平成28年1月に導入した「コンビニ交付サービス」。江戸川区では、マイナンバーカードを利用して全国のコンビニエンスストアに設置された多機能端末機から住民票の写し等が取得できる「コンビニ交付サービス」の対象を拡大。今月27日からは、これまで対象としていた「住民票の写し」と「印鑑登録証明書」の2種に加え、「戸籍証明書」の取得も可能となります。
 「コンビニ交付サービス」は、マイナンバーカード等を利用して住民票の写し等自治体が発行する証明書をコンビニエンスストア等で取得できるサービスで、住んでいる区市町村だけでなく全国のコンビニ交付対応店舗で証明書等が取得できるもの。現在、全国で356自治体がサービスを導入しており、特別区においても20区が住所地の証明書交付サービスなどを提供しています。
 江戸川区では、マイナンバー制度のスタートに合わせて、昨年1月25日に「コンビニ交付サービス」を開始。早朝や夜間に取得できるだけでなく、窓口より早くかつ全国どこにいても受け取れるとあって、同サービスを利用して、これまでに11,656枚の「住民票の写し」と9,369枚の「印鑑登録証明書」が交付されました。
 今回、新たに取得できるようになるのは、「戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)」、「戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)」、「戸籍の附票の写し」の3種。利用時間は平日の午前8時30分から午後5時までで、全国のセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどに設置された多機能端末機を利用して取得することができます。住所地が江戸川区以外の人でもサービスを利用できるのは23区初(要事前利用登録)。就職や転勤などで本籍地を離れた人でも現地のコンビニエンスストアを利用して取得できるだけでなく、窓口の混雑解消も期待できます。手数料は、「戸籍全部(謄本)・個人(抄本)証明書」が1通450円、「戸籍の附票の写し」が1通300円と、いずれも窓口と同額で利用が可能。利用にあたってはマイナンバーカードが必要となります。
 区生活振興部の上野晴彦区民課長は、「これまでの戸籍証明書交付では、窓口でお客様を待たせることも多かった」と言い、「これからは、身近なコンビニでお待たせせずに取得できるようになります。利用者の皆さまの利便性も向上しますので、ぜひご活用ください」と話しています。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る