このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年2月16日 吉田沙保里選手&栄和人監督登場 区立小学校で「特別講演会」22日開催

更新日:2017年2月17日

児童らに感動と勇気と希望を!

 夢や高い理想を持ち、その実現に向けて邁進できる児童を育成しようと、区立東葛西小学校(東葛西8/児童数:711名/校長:佐藤友信)では、今月22日、リオ五輪で日本選手団主将を務め、同大会レスリング女子53kg級で銀メダルを獲得した吉田沙保里(34歳/至学館大学副学長/レスリング女子日本代表コーチ)選手と日本レスリング界を牽引する栄和人(56歳/至学館大学教授・レスリング部監督/日本レスリング協会強化本部長)監督の名師弟コンビを招き、特別講演会を開催します。
 同校では、「江戸川区オリンピック・パラリンピック教育推進計画」に基づき、平成28年4月に「オリンピック・パラリンピック教育レガシー創造プラン」を策定。共生社会の実現を目指し、異文化理解を深めながら夢に邁進できる児童を育成するため、学年ごとに学習活動計画を策定し、オリンピック・パラリンピック教育を推進してきました。
 「霊長類最強女子」の異名を持つ吉田選手は、女子レスリング世界大会で16連覇を達成し、個人戦では206連勝の記録も保持。平成20・24年には紫綬褒章、平成24年には国民栄誉賞も受賞しており、現在は現役選手として東京2020大会への出場に意欲を見せながら日本代表コーチとしても活躍しています。学生の頃から吉田選手を支えてきたのが、栄和人監督。自身も昭和62年にフランスで開催された男子レスリング世界選手権大会で銅メダルを獲得し、これまで至学館大学レスリング部監督として伊調馨選手や登坂絵莉選手、川井梨紗子選手、土性沙羅選手など数々のメダリストを輩出してきました。
 22日の特別講演会では、予め子どもたちから集めた質問などをもとにパネルディスカッションを開催。勝利を目指し、夢や情熱を持ちながら二人三脚で邁進してきた吉田選手と栄監督の話を通じて、東京2020大会に向けて児童らの興味・関心を高めるとともに、夢や高い理想を持つことの大切さなどを伝えます。

オリンピック・パラリンピック推進事業「特別講演会」

日時 平成29年2月22日(水曜日)午前10時40分〜正午
会場 江戸川区立東葛西小学校(8−23−1/03−3686−2806)2階体育館

取材を希望される際は事前に報道係(03-3652-0652)までご連絡をお願いいたします

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る