このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年11月21日 1655勉強Cafeに「がち勉コーナー」開設

更新日:2016年12月5日

”受験シーズンを前に、集中学習!”

 都立高校の受験日まで100日を切り、中高生に無償で大学生ボランティアなどが勉強を教えたり、居場所を提供したりする「1655勉強Cafe」では、進学を控える受験生などを対象にした「がち勉コーナー」が初めて開設され、参加者から好評を得ています。
 区は2016年3月、子どもの成長支援に向けた取組方針「“子どもが輝く未来”に向けて〜子どもの成長を支える江戸川区の取り組み〜」をまとめ、今年度から学習支援をはじめとした子ども・子育て施策を新たに実施してきました。学習支援事業においては、主に小学生から高校生までの世代を対象に7つの事業を展開。ひとり親家庭に家庭教師を派遣するなど経済状況に関わらず学習の機会を得ることができる事業を幅広く実施してきました。
 学習支援事業の一つ「1655勉強Cafe」は、中高生を対象に区内6カ所の共育プラザで大学生などのボランティアが無償で勉強を教える事業。現在、NPO法人キッズドア(理事長:渡辺由美子)が事業を受託して運営しています。月曜を除く毎日、日替わりで開催している同事業は、平日の開始時間と土日の終了時間である“16時55分”にちなんで名付けました。今年5月10日(火曜日)から開始した同事業には、のべ約1,600人の参加者が利用。学習だけでなく、ボランティアに進学や学校の悩みも話せるなど身近な子どもの居場所としても役立っています。
 これまでの利用者のうち、約3割となるのべ約530名が高校進学を控えた中学3年生。時間中は出入り自由で、和気あいあいと学習できるようにオープンスペースで実施されていることもあり、受験生から「集中して勉強したい」といった声が寄せられるようになりました。そこで、受験に向けてより集中できる環境で勉強したい生徒をサポートしようと、11月から平日の勉強Cafe内に「がち勉コーナー」を開設。通常のスペースと分けて設けられた同コーナーの利用には、「50分に1回の休憩」や「私語をしない」などこれまでに定めていなかったルールも新たに決めました。
 共育プラザ葛西(宇喜田町)で17日(木曜日)に開催された1655勉強Cafeには、21名の中学生が参加。このうち10名が中学3年生で、「がち勉コーナー」には期末試験や受験を控えて勉強に勤しむ生徒の姿がありました。生徒の中には「テストで60点を下回ると、部活を辞めないといけないかも知れない」と相談する生徒もおり、大学生ボランティアは親身になって生徒の話を聞きながら試験対策用に勉強を教えていました。
 健全育成課田森健志課長は、「参加している全ての受験生が希望する学校に進学できるように学習環境を整備して、ボランティアとともに子どもたちを全力でサポートしていきます。」と話しました。

「1655勉強Cafeがち勉コーナー」
 実施日と会場:火曜日16時55分から20時00分 共育プラザ一之江(一之江3−13−7)
        水曜日16時55分から20時00分 共育プラザ南篠崎(南篠崎町3−12−8)
        木曜日16時55分から20時00分 共育プラザ葛西(宇喜田町175番地)
        金曜日16時55分から20時00分 共育プラザ南小岩(南小岩4−5−8)
 ※「がち勉コーナー」は平日のみ。「1655勉強Cafe」は、土日にも他会場で開催しています。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

11月

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る