このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年11月11日「第18回産業ときめきフェアin EDOGAWA」18日・19日開催

更新日:2016年11月11日

“134団体が集結し最先端技術を披露 東京高専もVR活用で初参加”

 区内外の優れた製品や高い技術・技能を広くPRしようと、タワーホール船堀(船堀4)では、11月18日(金曜日)・19日(土曜日)に「第18回産業ときめきフェア in EDOGAWA」が開催されます。主催は、産業ときめきフェア実行委員会及び江戸川区。
 同フェアは、製造業を中心とした企業や団体等が展示・実演などを通じて優れた製品やその技術力を広く紹介し、受注機会の拡大など企業間のビジネス交流を促進し、産業界全体の活性化を図ることを目的として開催。23区最大規模の産業展で、企業等が新たに開発した製品やその企業が有する優れた技術・技能を一目見ようと、例年数多くの事業主やビジネスマン、技術者等が足を運んでおり、昨年(第17回)行われた同フェアには、2日間で延べ17,000人が来場しました。
 今回出展するのは、各種機械器具をはじめ、プラスチック等の化学工業製品、繊維工業等の製造業を中心とした134の企業・団体。会場1階の展示ホールでは、小惑星探査機「はやぶさ」を打ち上げたM−Vロケットのフライト部品等を製作した企業やサンドブラスト装置製造で国内でも高いシェアを誇る企業等、本区を代表するものづくり企業等が出展します。また、日本初の国産プラモデル「原子力潜水艦ノーチラス号」の金型製造に携わった企業によるプラモデル作りや、伝統工芸江戸風鈴、江戸切子の制作等ものづくり体験・実演もあり、一般の来場者も充分楽しめる内容となっています。
 2階のイベントホールでは、7つの業種に分かれて企業・団体等が出展。「東京のキラリ企業200社」に選定された確かな製品や技術力を持つ企業を中心に特色ある新製品の展示を行います。また、東京工業高等専門学校が2020年東京オリンピックに向けてバーチャルリアリティー技術を活用して開発した「シンクロアスリート」を大規模な産業展で初出展(19日のみ)。本区で開催されるカヌー・スラローム競技を選手の視点でリアルに体感できるシステムは、本年開催された「第27回全国高等専門学校プログラミングコンテスト」課題部門で最優秀賞を受賞しています。
 ほかにも、IoT関連のビジネスセミナーに加え、国内最大の科学系学術団体である(公社)日本科学会と国内最大手のメーカーライオン(株)が今年から新たに参加。18日に5階小ホールで特別講演会(250名定員/当日先着順)を開催します。19日には、子ども未来館(篠崎町3)や日本弁理士会関東支部などによる「発明工作授業」などの体験コーナーも開催され、子どもから大人まで楽しめる2日間となっています。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

11月

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る