このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年10月14日 清掃ボランティア「モニュメント6」が活動10周年

更新日:2016年10月24日

”光る汗、輝く記念碑”

 区内に設置されたモニュメントを清掃するボランティア団体「モニュメント6(シックス)」が、2016年9月に結成10周年を迎え、14日(金曜日)に会員が集まり、区役所(中央1)付近のモニュメントの清掃活動を行いました。
 「モニュメント6」は、社会貢献を学ぶために区が設立した江戸川区総合人生大学(篠崎町7)の江戸川まちづくり学科を卒業したメンバー6名が2006年9月に結成したグループ。デザイン関係の仕事をしていた代表の島田久市(しまだきゅういち)さんが在学時、校外学習活動の一環で清掃を始めたことが活動のきっかけです。現在、中心となって活動する会員は74歳から84歳の男性6人。活動日に合わせてお手伝いの方も参加しています。
 公園や緑道、駅前広場、橋など、区内の様々な所に設置されたモニュメントは約200体。道標や時計塔、記念碑、慰霊碑など種類もテーマも様々で、ブロンズや石、ステンレス製など素材も異なります。設置されてからほとんど清掃されることがないモニュメント。今回も積もりに積もった汚れを落そうと、メンバー3名とお手伝い2名の計5名が14日(金曜日)午前10時、区役所(中央1)前に集合し、トレードマークのバンダナを首に巻いて出発しました。
 今日(14日)清掃作業するのは、1979年に区役所近くの緑道沿いに設置された美術大学の学生が制作したモニュメント。植栽の中に設置されているため、雨で泥が撥ね上がり、乾いた土がびっしりと付着していました。モニュメントに傷がつかないようにするため清掃は全て手作業です。使用するのはタワシ、スポンジ、ブラシ、ゴム手袋、重曹、石鹸、雑巾の7つ道具。環境に配慮して、界面活性剤などの石油系洗浄剤は使わず、植物性石鹸を使います。
 はじめに水をかけながらタワシで全体的な汚れを落とします。次に水で薄めた石鹸水を使ってスポンジやブラシで汚れを擦り洗いします。樹液や排気ガス、泥が交じり合った汚れを落とすにはひと苦労。複雑なデザインは、サイズの異なるブラシを使い分け、彫に沿って汚れをかき出し、最後は雑巾で丁寧に磨き上げます。約60センチ四方のモニュメントを清掃するのに2人がかりで約40分。「今日はビールが美味しいだろうなー!」と仲間に声を掛けた島田さんの頬からは光る汗が。汗と共に汚れが流されて生まれ変わった彫刻は、再び美しい輝きを取り戻し、行き交う人々の足を止めていました。
 島田さんは、「活動をしていると通り掛った人がよく声をかけてくれます。街の中に溶け込んで、身近なところにあるモニュメントが、美しい姿に生まれ変わって、地域の方にもっと存在を知ってもらい、交流が生まれるきっかけになったら嬉しいですね。」と笑顔で話していました。
同グループは2009年にモニュメントを掲載したリーフレット「街の美術館 江戸川編」を制作。モニュメントの写真にタイトルや作者、会員による感想などを綴り、地域別に4編を発行しています。現在新たな地区のリーフレットを制作中で、発行に向けて準備しています。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る