このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年10月13日 篠崎ポニーランドでコスモス咲き始め

更新日:2016年10月14日

揺れるコスモスが馬場を色鮮やかに演出

 江戸川河川敷内にある区篠崎ポニーランド(篠崎町3地先/江戸川河川敷)では、馬場の周囲に植えられた約2万本のコスモスが咲き始め、訪れる人々の目を楽しませています。
 「ポニーランド」は、馬とのふれあいにより子どもたちの豊かな創造力・知的好奇心等を育む情操教育への効果を期待して、昭和50年に江戸川大橋付近の河川敷(篠崎2地先)に開園。昭和53年には、そこから500メートルほど下流の現在の場所に移設し「篠崎ポニーランド」としてリニューアルオープンしました。平成5年には、南葛西7丁目に新たに「なぎさポニーランド」を開園。現在は、両園併せて15頭(篠崎ポニーランド:8頭、なぎさポニーランド:7頭)の馬を保有しており、両園でポニー乗馬を楽しむことができます。
 区篠崎ポニーランドで植えられているコスモスは「センセーション混合」。最もポピュラーな品種で、種を蒔いてから約70日で赤や白、濃淡ピンクなど色鮮やかな花をつけると言われています。同園では、馬場の周辺約3,600平方メートルに植えられており、今夏の猛暑を受けぐんぐん成長しました。現在は、背丈170センチメートルを超えるものもあり、花の直径も大きいものでは8〜10センチメートルと見事な大輪をつけています。今年3月にデビューした北海道生まれの馬車馬「ミルキー」も江戸川で初のコスモスに興味津々。今日(13日)は、練習の合間に馬場から顔を出し、柵の外に植えられたコスモスを見つめる様子も見られました。
 朝比奈正子園長は、「コスモスは現在5分咲き。来週半ばから見ごろを迎え、今月いっぱいは花を楽しむことができます。秋らしい陽気が続いているので、ぜひこの時期に馬車やポニーに乗車しながら一面に咲くコスモスの花を楽しんでいただきたいと思います。」と話しています。
 同園では今月23日まで「コスモス月間」と定め、期間中の土日には、馬場の周辺に売店を出し、軽食などと併せて同園のポニーが使用した「蹄鉄(小:300円・大:500円)」や尻尾の毛を使用した「携帯ストラップ(300円)」などを販売。また、区自然動物園とのコラボレーションによる動物カレンダー(300円)や同園を運営する公益財団法人えどがわ環境財団のオリジナルキャラクター「えどぴょん」グッズなども販売する予定です。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る