このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年10月04日 シニア向け情報誌第2弾「OZmagazine NEXTAGE〜大人の江戸川区案内〜」きょう(4日)から無料配付

更新日:2016年10月6日

えどがわで充実したセカンドライフを 64歳には無料配付

 サラリーマンなどにとっては、意外と知らない地元のこと。江戸川区では、都心で働くサラリーマン等が退職を機に地元・江戸川に回帰した後もイキイキと充実したセカンドライフが送れるよう、シニア向け地域情報誌「OZmagazine NEXTAGE(オズマガジン ネクストエイジ)」をリニューアル刊行。定年退職を目前に控えた「64歳になる区民」に今日(4日)から無料で配付します。
 総務省の推計によると、65歳以上の高齢者人口は3,461万人。江戸川区でも14.2万人(高齢化率:20.7%(平成28年4月1日現在))と年々増加傾向にあり、平成32年には14.5万人に達すると推計されています。そのような中、高齢社会対策については、一人ひとりが安心して生きがいを持って過ごすことができる社会を目指し、就業や介護・医療、社会参加・学習、生活環境など多分野で国を挙げて取組みが推進されています。
 「OZmagazine NEXTAGE」は、定年退職を機に地元へ回帰をするシニア世代向けにつくられた地域情報誌。誌名に用いられた「NEXTAGE」は、次の舞台「NEXT+STAGE」と次の時代「NEXT+AGE」を表す造語で、出版業界がもつ専門的なノウハウを活用し、民間企業との協働で昨年初めて出版しました。
 第2弾となる今回は、学生時代を江戸川区小岩で過ごした作家・椎名誠さんを表紙に起用し、全面リニューアル。巻頭では「バスでまわる江戸川散策ガイド」として、区内を縦横無尽に走る路線バスを利用した7つのモデルコースを紹介しています。オシャレなパン屋やレトロなカフェなどのグルメ情報をはじめ、歴史ある寺社、観光スポットなどを最寄りのバス停とともに掲載。バスを降りてふらりと立ち寄りたくなるスポットが多数紹介されており、地元の魅力を再発見できる特集に仕上がっています。また、メインとなるライフスタイル探しでは、老後も地元でイキイキと活躍してもらえるよう「江戸川区でやりたい10のこと」を紹介。東京2020大会に向けて盛り上がりをみせる「カヌー」をはじめ、デッサンやコーラスなどの「カルチャー教室」等、“趣味”を活かしたものから、地域貢献を志す人々を応援するために区が設置した「江戸川総合人生大学(篠崎町7)」など“学びの場”まで、編集部の体験談を添えて掲載しています。その他、巻末では「60代で知っておくべき実用知識」として、年金や住まいのことだけでなく、エンディングノートの書き方なども紹介。多くが定年退職を迎える65歳の一年前には地域のことを知ることができ、江戸川区で自己流のセカンドライフスタイルを見出すきっかけとなる一冊に仕上がっています。
 「OZmagazine NEXTAGE」はA4変形判・156頁。2万部発行し、初版は64歳になる区民がいる6,604世帯に今日(4日)から無料で配付します。今月7日からは、区内の書店やコンビニ等でも680円(税込)で販売する予定です。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る