このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年9月20日 区とイオン(株)が「地域連携協定」を締結

更新日:2016年9月20日

”「えどがわ子ども未来WAON」発行も”

 江戸川区(区長:多田正見)とイオン株式会社(代表執行役社長:岡田元也)は本日(20日)、「地域連携協定」を締結しました。23区の自治体においては、板橋区に続いて2例目となります。
 江戸川区とイオンは、これまでもイオン葛西店(西葛西3)において、区主催のがん検診啓発イベントを開催するなどの協力事業を実施してきました。本協定は、地域の一層の活性化、区民サービスの向上を図る目的で締結されるもので、子育て支援及び青少年の健全育成に関すること、健康増進及び食の安全に関することなどの11項目においてより緊密な連携を図ります。
 本協定の取り組みの第一弾として、イオンは9月30日(金曜日)から「えどがわ子ども未来WAON」を発行。全国の「WAON」加盟店で本カードを使って支払われた金額の一部(0.1%相当額)が、子どもの成長を支える取り組みなど“江戸川区の子どもたちの輝ける未来”のために役立てられます。
カードの表面は「えどがわ伝統工芸産学公プロジェクト」において伝統工芸者の三橋京子さんと美大生がコラボし、江戸川区特産の金魚をあしらった「江戸型小紋」のてぬぐいをモチーフにデザインしています。
 本日(20日)11時から区役所(中央1)区長応接室で行われた締結式には、多田区長のほか、イオンリテール株式会社特別顧問梅本和典(うめもとかずのり)氏ら10名が出席し、協定書を取り交わしました。多田区長は、「本区は23区の中でも子どもの出生数が多い区。この協定は、子どもの健やかな成長に大いに寄与してくれることと期待しています。」と話しました。
 なお、30日(金曜日)には、本カードの発行を記念して、イオン葛西店において区特産の小松菜の試食や販売などのイベントを実施する予定です。
【「地域連携協定」の概要】
 (1)子育て支援及び青少年の健全育成に関すること (2)健康増進及び食の安全に関すること
 (3)高齢者・障害者の支援に関すること (4)教育・文化・スポーツの振興に関すること
 (5)環境保全・緑化推進に関すること (6)くらしの安全・安心に関すること
 (7)防災に関すること (8)産業振興に関すること (9)区政情報の発信に関すること
 (10)ICカードの活用に関すること (11)その他、地域の活性化及び区民サービスの向上に関すること
【「えどがわ子ども未来WAON」について】 
 ・販売開始:2016年9月30日(金曜日)
 ・販売場所:東京都内の総合スーパー「イオン」をはじめ77店舗にて販売を開始し、順次全国のイオン店舗で販売
 ・発行手数料:1枚300円(税込み)
 ・WAON機能:チャージ可能金額 上限5万円
【WAONの概要】
 ・累計発行枚数:約6,010万枚(2016年8月末現在)
 ・年間利用金額:約2兆592億円(2015年度)
 ・利用可能箇所:約27万1,000箇所

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る