このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年8月03日 「江戸川みまもり隊」出動で高齢者の熱中症予防を注意喚起

更新日:2016年8月8日

水分補給と食事で熱中症を防いで!

 地域の高齢者宅を訪問し、安否確認などを行う見守り活動。江戸川二丁目周辺では、「江戸川みまもり隊(代表:伊久美 明(いくみ あきら/男性/68歳)/隊員数:45名/事務局:江戸川1)」のメンバーがひとり暮しの高齢者宅などを訪問し、世間話をしながら高齢者の熱中症予防の注意喚起を行っています。
 江戸川みまもり隊は、平成23年に結成された地域見守りボランティアグループ。地域住民が住み慣れた地域で安心して暮らせるまちづくりを目指し、江戸川総合人生大学(篠崎町7)の介護・福祉学科を卒業したメンバーらが中心となって活動しています。結成時は10名にも満たなかったメンバーも、活動を続けるうちに徐々に増え、今では45名に。メンバーの増加とともに活動範囲も少しずつ広がり、現在は江戸川一丁目・二丁目に住むひとり暮らしの高齢世帯など約700世帯を対象に見守り活動を行っています。活動時は、メンバー2人1組がペアになり、訪問者が一目で分かるよう首から名札を下げ、「江戸川みまもり隊」と背中に書かれた白いベストを着用。手には、一日の訪問スケジュールと訪問対象者の状況をその場で記録する「訪問者調査票」をはじめ、月に一回発行している「江戸川みまもり隊だより」や防犯啓発チラシなど訪問先に配付するお知らせ等を持って、一日あたり35〜40世帯を訪問します。みまもり隊では、毎月テーマを決めて活動しており、8月のテーマは先月に引き続き「熱中症にご用心」。水分補給と食事で熱中症を防ごうと、訪問時には世間話をしながら食事や水分の摂取状況などを伺います。3年前からは、飲料メーカーの協力を得て、訪問先の高齢者らにスポーツドリンクの無料配付も開始。昨年からは、引きこもりがちな高齢者が外出するきっかけになればと、現物に替えて「無料引換券」を配付し、近所のドラッグストアで引き換えてもらう仕組みに変えました。
 今日(8月3日)は、午前9時30分に活動を開始。午前中は、江戸川二丁目に住む17世帯の高齢者宅を伊久美さんらが訪問し、「きちんと水分を摂っていますか?」と一人ずつ声をかけていきました。訪問を受けた80代の女性は「みまもり隊の方がいらっしゃると元気が出ます!」と笑顔で話しながら、健康状態や家族の近況などを報告しました。伊久美さんは、「ひとり暮らしだと、家の中で喉の渇きに気づきにくいから注意してくださいね。」と声をかけ、お宅をあとに。
 午前中の訪問を終えた伊久美さんは、地域見守りを継続させるためにはマンパワー不足など多くの課題があるとしながら「訪問先の皆さんの笑顔を見るだけで元気がもらえます。見守りを楽しみにしている高齢者の方がいる限り、この活動はどういう形であれ継続させなければいけませんね。」と話しています。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る