このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年7月12日 競泳・池江璃花子選手 リオ五輪7種目出場 区内313カ所に応援ポスター登場

更新日:2016年7月22日

江戸川区から世界へ。そして・・・その先へ

 8月5日に開幕するリオデジャネイロオリンピックで、競泳女子100mバタフライなど7種目に出場する池江璃花子(16歳/ルネサンス亀戸/区内在住)選手を応援するため、江戸川区では新たに応援ポスター等を作製。区庁舎やスポーツ施設、小中学校等区内313カ所に掲出し、世界の舞台で活躍する池江選手を応援します。
 池江璃花子選手は、以前まで中学生アスリートとして注目されてきた競泳選手で、今年3月に区立小岩第四中学校(西小岩3)を卒業。4月に東京辰巳国際水泳場で行われた「第92回日本選手権水泳競技大会」では、100mバタフライや200m自由形など3種目で優勝し、リオ五輪に出場することが決まりました。本区では、これを祝して、区庁舎やタワーホール船堀など区内11カ所に懸垂幕等を設置するとともに、広報紙や区ホームページでも大きく取り上げ、リオ五輪に向けた池江選手の意気込みなど紹介。無限の可能性を秘めた若きアスリートが五輪の大舞台に挑むとあって、小岩地域を始め区内は大いに盛り上がっています。

 今回、本区で新たに作製したのは、応援ポスター(B3判)1,000枚。区庁舎をはじめ、スポーツ施設や小中学校など区内313カ所に順次掲出します。ポスターには、過去の大会で撮影された池江選手のワンショット2枚を使用。先を見つめる力強い眼差しと、躍動感あふれるダイナミックなフォームが印象的なショットが使用されており、真っ直ぐな瞳が見つめるその先には、「江戸川区から世界へ。そして・・・その先へ」と、まるで4年後の東京五輪を見据えたかのようなキャッチコピーも。また、バナースタンド(縦180cm×横60cm)も同時に作製し、区庁舎や区総合体育館など22カ所のロビーに配置。区を挙げて池江選手の活躍を応援します。
 区総合体育館(松本1)では、正面出入口の扉にポスターを掲出。バナースタンドは、受付に程近いプールの出入口に設置しました。同施設を訪れていた30代の女性は「池江選手の活躍が地元に元気を与えてくれる。」と話し、「リオ五輪での活躍を期待しています。」とエールを送りました。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

7月

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る