このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年6月24日 伝統工芸品「つりしのぶ」出荷最盛期

更新日:2017年5月16日

涼を楽しむ和の風情

 軒下などに吊り下げて夏の涼を演出する「つりしのぶ」。都内で唯一つりしのぶを専業で生産している「萬園(よろずえん/松島1)」では、つりしのぶの出荷が最盛期を迎えており、二代目つりしのぶ職人・深野晃正(ふかのてるまさ/75歳/区指定無形文化財/平成22年度東京都優秀技能者知事賞受賞)さんが水やりや剪定などの仕上げ作業に追われています。
 つりしのぶは、シノブやヤマゴケを竹などの芯材に巻きつけて作る観賞用の植木。江戸時代の庭師たちがお得意様へのお中元用に作ったのが始まりと言われています。材料となるシノブは、山地の樹木や古木・岩肌などに根茎をはわせて着生するシダ植物の一種。夏場には青々と葉を茂らせ、秋冷になると色づき始めてそのまま休眠期に入り、春には再び新芽を出す植物で、乾燥に強く、寒い冬を耐え忍ぶことから「シノブ」と名付けられたと言われています。一般にも広まった明治から昭和初期にかけては、東京の下町でも家々の軒下に吊り下げられたつりしのぶが夏の涼を楽しませていました。
 かつては、区内だけでも20軒ほどあったつりしのぶ生産者も、現在専業で行っているのは、都内で「萬園」のみ。昭和30〜40年代の最盛期は、同園でも年間約10,000個のつりしのぶを生産していましたが、現在は約3,500個を生産するのが手一杯。採集地のシノブの減少とシノブの採り手の高齢化等により生産量も年々減少し、今では江戸文化を伝える貴重な伝統工芸となっています。
 現在、同園では、杉の葉を束ねて球状にした「しのぶ玉 酒林(さかばやし)」や芯材を「井」の字に組んだ「イゲタ」など全部で約40種類のデザインを製作。価格も2,000円台から数万円までと幅広く取り揃えてあります。中でも一番人気は、深野さんが40年前に考案したオリジナルの「井戸(2,700円(税込))」。深野さんの息子さんが焦がした材木を井桁に組み合わせ、その中にシノブを入れたもので、売り上げ全体の約3割を占める看板商品となっています。また、平成15年から伝統工芸者と美術大学生、区の三者が連携して取組んでいる「江戸川区伝統工芸産学公プロジェクト」では、続々と新たなデザインが登場。今季は、緑のシノブと赤いリボンとのコントラストが目を引く「ひょうたん」や竹筒に入ったしのぶ玉が愛らしい「かぐや」など10種が誕生しました。
 深野さんは、「つりしのぶを見てお客様が喜んでくださる姿を想像すると、作業にも力が入ります。お客様の目に留めてもらうためにも良いものを作りたいと思いますので、是非、手にして目で涼を感じてもらいたいと思います。」と話しています。
 つりしのぶは、江戸川区名産品ショップサイト「えどコレ!」でも購入できます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。えどコレ!

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る