このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年5月19日 「自転車運転免許教室」今年度から区内全校で開催

更新日:2016年5月24日

”顔写真入りの免許証を交付”

 交通事故の加害者や被害者にならないよう、自転車の安全な乗り方を学んでもらおうと区立松江小学校(松江1/校長:堀越和子)で、19日(木曜日)、第5学年児童を対象にした「自転車運転免許教室」が行われました。
 区内の交通事故は2014年が1,265件、2015年は1,236件で微減しているものの、交通事故における自転車事故の関わりは全体の約4割を占めています。今年1月から4月末の死亡事故はありませんが、交通事故392件のうち自転車事故が159件あり、関与率は40.6%と決して低くありません。
 こうした中、区では児童を交通事故から守るため、区内警察署と連携し「自転車運転免許教室」を2005年から実施。地域社会の中で、児童が自他の安全に目を向け、交通マナーなど他者への心配りもできる資質や能力を育ててもらうことを目的としています。2005年度の参加校は10校でしたが、交通安全の意識の高まりから、年を追うごとに参加希望校が増え、今年度からすべての小学校(71校)で実施されます。
 19日(木曜日)、10時40分から12時15分まで(第3・4校時)、第5学年の児童約90名が2グループに分かれて、講義と実技講習を受けました。講義では、自転車は車なので必ず左側を走ることや、見通しの悪いところは必ず止まるなど映像を見ながら学んだ後、学科試験に臨みました。実技では、ヘルメットを着用した児童が、一本橋や八の字走行にチャレンジ。横断歩道に歩行者役の保護者の方がいる場面では、歩行者を優先して自転車から降りて押す練習などしっかり学びました。
 講義を受けた児童は、「5年生になり自転車を乗っても良い学年になりました。自転車は車なので、歩道は人が優先なので、必ず自転車を降りて押していきます。」と話していました。
 なお、今日の自転車運転免許教室に参加した児童に、顔写真入りの免許証は来週、学校を通じて配付される予定です。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る