このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年5月23日 「池江璃花子選手を応援する会」母校の小岩第四中学校で開催

更新日:2016年5月24日

”母校の生徒らがリオに向けてエールを送る”

 8月5日に開幕するリオデジャネイロオリンピックで100メートルバタフライなど競泳4種目に出場する池江璃花子(いけえりかこ)選手を応援しようと、母校の区立小岩第四中学校(校長:茅原直樹/西小岩3)では、今日(23日)、生徒や保護者らが集い「池江璃花子選手を応援する会」が開催されました。
 同イベントはオリンピック・パラリンピック教育の一環として実施する事業。15歳でオリンピック出場という夢を叶えた同校の卒業生池江選手へエールを送るとともに、子どもたちに夢を持つことの大切さを学ぶことを目的としています。
 同イベントには中学1年生から3年生の生徒約250名、同じく母校である西小岩小学校(校長:則岡小織/西小岩1)の4年生から6年生の児童約330名、保護者や地元町会の地域住民ら約100名が参加。100mバタフライの代表権を勝ち取った日本選手権の大会映像が舞台のスクリーンで流れた後、池江選手は子どもたちが座る中央の通路を通って登場。会場となった体育館では大きな拍手が沸き起こりました。
 はじめに、茅原校長が池江選手の紹介と多田正見(ただまさみ)江戸川区長のメッセージを代読。「これまでの努力が実り、実力を遺憾なく発揮して躍動する池江選手の姿を見られることを楽しみにしています。大いなる活躍を心からお祈りします。」と激励の言葉を読み上げました。次に、同イベントに招かれたバルセロナオリンピック平泳ぎ200mの金メダリスト岩崎恭子さんが講演を行いました。以前から池江選手を知る岩崎さんは「池江選手はいつも練習を頑張ってきました。前向きな気持ちで練習を積み重ねてきたことが自信に繋がっていると思います。皆さんも自分が楽しいことや頑張れることを見つけてもらいたいです。」と子どもたちに話しました。
 次に、西小岩小学校の児童代表と小岩第四中学校の生徒代表がそれぞれ登壇し、池江選手に応援の言葉を述べました。池江選手と同じく水泳をしているという児童は、「オリンピック出場という夢を叶えた池江選手はすごいと思います。自分も将来は自己ベストを出してオリンピックに出たいです。皆で応援していますので頑張ってください!」と心を込めて伝えました。
 続いて、池江選手から大会に向けた抱負の挨拶がありました。池江選手は「皆さんの応援があってオリンピック出場を決めることができました。このような会を開いて頂くことを嬉しく思いますし、自分にとってすごく大きな力になると思います。(オリンピックでは)皆さんの応援に応えられるように、これから精一杯頑張っていきたいと思います。」と引き締まった表情で力強く意気込みを話しました。
 挨拶後、西小岩小学校で3・4年時の担任らが花束を贈呈。また、同校の代表生徒三名が登壇し「フレー、フレー、いけえ!」と発声すると会場の皆が「フレ、フレ、いけえ!フレ、フレ、いけえ!」と池江選手に向かって大きな声援を送りました。
 最後に、東京五輪に向けて制作した江戸川区歌4番と両校校歌を斉唱。卒業式以来久しぶりに母校に訪れた池江選手。笑顔がこぼれ、会場が一つになってリオへ送り出す温かな催しとなりました。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る