このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年4月21日 池江璃花子 選手(水泳) リオ五輪出場決定 区役所には懸垂幕も

更新日:2016年4月28日

江戸川区から世界へ!区を挙げて応援

 今月4日から行われた「第92回日本選手権水泳競技大会(兼第31回リオデジャネイロオリンピック競技大会代表選手選考会)」等で、リオデジャネイロオリンピック水泳4種目への出場が決まった池江璃花子(15歳/ルネサンス亀戸/区内在住)さん。これを受け、江戸川区では、区役所庁舎など11施設に懸垂幕や横断幕を設置し、同大会に出場する池江選手の活躍を応援します。
 東京2020大会の開催が決定して以降、オリンピックやパラリンピック、デフリンピック等での活躍が期待される区民等に対する支援を拡充している江戸川区。本区では、これまでアテネ、北京五輪の柔道女子63kg級において2大会連続で金メダルを獲得した谷本歩実(当時区内在住)さんやアテネオリンピックにおいて「メグカナ」の愛称で女子バレーボールの人気を牽引した大山加奈(江戸川区出身)さん、ロンドンパラリンピックの陸上1,500mで10位の成績を収めた石井邦明(区内在住)さんなど、多くのオリンピック選手らを応援してきました。
 池江璃花子さんは、近年、中学生アスリートとして注目されてきた水泳選手で、先月、区立小岩第四中学校(西小岩3)を卒業。今月4日から東京辰巳国際水泳場で行われた「第92回日本選手権水泳競技大会(兼第31回リオデジャネイロオリンピック競技大会代表選手選考会)」では、100mバタフライや200m自由形など3種目で優勝し、8月に行われるリオデジャネイロオリンピックでは100mバタフライや4×100mフリーリレーなど4種目に出場することが決まりました。これを受け、本区では、同オリンピック出場決定を祝すとともに、世界の舞台での大いなる活躍に期待を込めて、区役所庁舎をはじめ、タワーホール船堀や総合体育館など区内11施設に懸垂幕等の設置を決めました。
 区役所庁舎正面玄関では、今日(21日)午前9時から設置作業が開始され、「江戸川区から世界へ!! 祝 リオデジャネイロ五輪出場 池江璃花子選手(水泳)」と区民らの期待が込められた縦1,000cm×横110cmの大きな懸垂幕が登場。庁舎を訪れた40代の女性は、日本新記録を次々と塗りかえる池江さんに対し、「高校生なのでこれからが楽しみ。まずは、リオ五輪でメダルを目指して頑張ってもらいたい。」と期待を寄せ、「同じ区民として応援しています。」と話していました。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

4月

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る