このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年3月15日 福井県小浜中学校の修学旅行生が区内商店街を活用して1日物産展開催

更新日:2016年3月15日

地元の特産品PR活動で地域をつなぐ

 「花のまち江戸川」を象徴するJR小岩駅南口前のフラワーロード(小岩駅前通り美観商店街)。同商店街にある催事場「フラワーぽけっとハウス(南小岩7)」では、今日(3月15日)、若狭の特産品を介して新たな地域で幅広い世代とのつながりをつくろうと、福井県小浜市立小浜中学校(校長:古田幸志/生徒数:353名)の生徒が「御食国屋(みけつくにや)」を1日限定でオープンさせ、焼き鯖寿司やへしこ、若狭塗りなどを35種・533品を販売し、同店に訪れた方々と交流を図りました。
 フラワーロードは、JR小岩駅南口から南へ延長800mに亘って約200軒の飲食店や小売店が立ち並び、区内でも最大級の規模を誇るアーケード商店街。「花のまち江戸川」のPRと商店街の活性化を図るため、昭和47年に花壇を設置しました。平成16年に開催された「第14回花のまちづくりコンクール(主催:財団法人日本花の会)」では、住民ボランティアや地域の小学生等による花壇の整備活動などの取組みが評価され「花のまちづくり優秀賞」を受賞。現在アーケードの沿道に並べられた201基のフラワーボックスには、季節ごとに花などを植替え、四季折々の花を楽しめるよう工夫を凝らしています。
 「御食国屋」をオープンさせたのは、福井県小浜市立小浜中学校2年2組の生徒28名。若狭湾に面し、海の幸に恵まれた若狭一帯は、古くから天皇の食料である「御贄(みにえ)」を送る「御食国(みけつくに)」として京の食文化を支えてきたと言われています。
同校では、毎年2年次の3月に実施される修学旅行を2年生の集大成と位置付け、旅行先での研修等を積極的に導入。今年も、学級別や班別等の研修準備を生徒が中心となって主体的に進めてきました。同クラスでは、学級別活動のテーマを「周囲に働きかける活動等を通して「よりよく関わる力」を身につける」とし、生徒らが商店街を活用した地元若狭の特産品販売を考案。これを受け、担任の渡辺尚樹教諭が、同商店街のホームページで美観に取組む商店街の活動の様子や周辺住民らの温もり等を感じ、新たな縁を築きたいと吉田義昭 小岩駅前通り美観商店街会長に打診した結果、「フラワーぽけっとハウス」の無償提供が決まり、「御食国屋」を1日限定でオープンさせることになりました。
 今日(15日)は、同クラスに所属する28名の生徒らが若狭湾で獲れた「サバ」を使った焼き鯖寿司(税込1,100円)や鯖缶(4種・税込各570円)など35種・533品を販売。生徒たちは、呼びかけ班や販売班、会計班などに分かれて、訪れる人々と元気な声でコミュニケーションを図りながら、小浜をPRしました。同店を訪れた50代の女性は生徒らの取り組み内容を聞き、「生徒の皆さんが頑張る姿が印象に残りました。生徒の皆さんにも小岩に住む私たちも、お互い良いご縁が築けたと思います。」と笑顔で話していました。
 仕入れ等の必要経費を除いた今日の売上は、社会活動等に寄付される予定です。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

3月

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る